shin-1さんの日記

○今日の私が一番若い

 今という一瞬はすぐに過去になって加速度的に自分の元から去って行きます。考えてみれば人間は毎日毎日歳をとる訳ですから、昨日の自分は今日の自分より若いけれども、それは過去のものであって今より若い自分とは出会うことはできないため、「今日の私が一番若い」という考えが成り立つのです。

 先日ある集会で「ひとつだけ望みをかなえてあげると言われたら、あなたは何を望みますか」と質問がありました。私は即座に「若さを下さい」と言いました。そのように人間はいつまでも若くありたいと願うものです。しかし残念かな人間は一分の遅れもなく確実に年齢を重ねていくのです。でも年齢はいくら考えてもどうしようもないものなのですが、心の持ちようで若い気持ちで生きることはできるのです。

 サムエル・ウルマンという人が「青春の詩」という名言を残しています。「青春とは人生のある期間をいうのではなく、心の様相をいうのだ。優れた想像力、たくましい意志、炎ゆる情熱(中略)、こういう様相を青春というのである」。この言葉を聞けば私も分相応な歳にはなっていても、青春まっただ中ではないかと思ったりするのです。

 私が代表を務めるボランティアグループ「21世紀えひめニューフロンティアグループ」は20数年前の結成時、「一年一事業」「社会への揺さぶり」「今やれる青春」という3つのテーマ掲げて活動を始めました。あれから20数年が経ちましたが、20数歳歳をとったけれども、未だに「今やれる青春」という目標はしっかりと持って活動しているのです。

 つい最近気になって仕方がないのですが、歳は若いのにやっていることやいうことが古臭い、いわば「若年寄」という人が結構目立つようです。何の目標も持たずただ生きているだけの若者からは、サムエル・ウルマンのいう優れた想像力や、たくましい意志力、炎ゆる情熱がまったく感じられないのです。

 一方で歳をとっても生き生きと輝いて生きている人を見ると、「若いなあ」と感心したりします。私の周りにはそんな生き方をしている人が沢山いて、こちらも快い刺激を受けています。

 私もこれまでと同じように「今日の私が一番若い」と思って生きてゆきたいと思っています。そのためには今日一日を大切に生きることと、今日の生き方に少し改善を加えなければなりません。脅威を大切にと思う余りに、あてもなく生きたのでは意味がないと思います。例えば若い頃一日に3人以上の人に会いたいと思って実行したように、少し工夫を加えてみるのです。一日二本のブログ書きや一日三枚のハガキ書きなどのスケジュールを考えるとこれ以上のことは自分を苦しめるだけになりそうですが、毎日楽しく生きたいと思う心をもって、もっともっと充実した「若い」人生を送りたいと思っています。

 昨日私の中学校時代の同級生に会いました。60歳でリタイアした彼は退職後何の当てまなく暮らしているようです。他の同級生から風の噂で聞いていた私の生き方を「羨ましい」とため息を漏らしていました。60歳の定年を迎えたとき、彼の妻は花束を用意して「長い間御苦労さま」と言ってくれたそうです。ところが3ヶ月が過ぎると「邪魔だからどこかへ行って欲しい」といわれ、今は奥さんも友人と旅行の方が楽しいらしく、二人の間に少し溝を感じているようでした。その奥さんが先日彼に「あなたも同級生の若松さんを見習ったら」と言われたそうです。その奥さんと私は何の関係もないのですが(笑い)奥さんには私のことをそんな目で見ているようです。

 人それぞれ、人生は世界に一つだけの花なのです。少しだけ嬉しくなりました。(バカ野郎)。

  「エッ今日が 一番若いって 本当なの? そうです今日が 一番若い」

  「いつの間に 禿や白髪に なったのか 同級生も みんな歳とり」

  「歳なんて 関係ないよ 心だよ 俺を見てくれ 今が青春」

  「あの奥さん 俺をそんな目 見てたのか 泣かせる話 俺は感激」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

3 Comments

  1. Posted 2009年1月30日 at 12:52 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 世のため 人のために頑張ってください(笑) 乗れ落ち葉のように 家の中でゴロゴロしていたら・・・・花束の奥さんのようになりますよ~~ いつまで ゴロゴロしとんぞね~ってね~ 暖かくなったら 人間牧場へ押しかけますよ 蛾はどっかへ 出張させてくださいね(笑)
  2. Posted 2009年1月30日 at 6:37 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 今年になって会っていないので、もう2年越しですね(笑い)。 私は相変わらず忙しく全国や県内を飛び回っています。 妻から言わせれば、年末年始の風邪ひきが一番ゆっくりしていたとのことです。風邪を毎日ひいた方がおとなしいのでは?なんて言われています。 昨日は愛妻弁当を作ってもらって大学の研究室で一人食べました。     人間牧場主 若松進一
  3. Posted 2009年1月29日 at 9:57 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 亭主元気で留守がいい・・・(笑) 若松さんは世のおばさん達の理想像ですよ 夫が仕事行ってる時は半日は自由を謳歌してた奥さん・・・夫の定年後は 毎日執事になったようなもの 若松さんのように 外に出て行って欲しいですよ(笑)