shin-1さんの日記

○出雲路での楽しい思い出②

 今日は昨晩の荒れた天気が全く嘘のような上天気に恵まれました。私はまだ東の空が白み始めた午前6時にホテルをそっと抜け出し、宍道湖の湖岸をのんびり散歩しました。時折忙しげに走る車のヘッドライトやテールランプの明かりが自分の体を照らしては通り過ぎて行きました。開けなずむ宍道湖の風情は格別でカモの群れ人の気配を気にせずが悠然と羽を休めていました。

 昨晩夜遅くまで交流会をしていたため少し気だるい所はありましたが、雲南市から松島さんと川住さんとの予約があるので、バイキング朝食を済ませて8時30分に待ち合わせ場所のロビーで二人と出会いました。松島さんとはもう1年以上も会っていなくて懐かしい限りです。3人で松江城に行きました。昨日の夜来の雨もすっかりあがり上天気です。前日堀めぐりをした場所から城内に入りましたが、菊花展の最中で立派な菊を見せていただきました。


 松江城は天下の名城で、松山城のような城山はありませんが堀も城も立派で荘厳な感じがしました。また城内にある今は歴史資料館になっている白亜の建物も立派で、城山から見渡す松江の市街も高層ビルなどなく山陰の中心都市として歴史の重みあありました。そこここを散策しながら3人で色々なことを話しました。川住さんは実業家で小泉八雲旧居近くの北堀に面した民家を借りて料亭と貸切宿泊所を経営しています。その縁の宿(えにしのやど)を見てほしいと誘われ出かけましたが窓越しに見える堀めぐりの移ろいもすごく落ち着いた雰囲気でした。縁の宿に行く途中松平家ゆかりの明々庵に立ち寄り抹茶を頂きました。庭から見る松江城も茶室も文人墨客が愛しただけあって素晴らしい詫び寂の世界を堪能させてもらいました。その後のんびりゆっくり伝建地区を散策しましたが、前に来た時とは違った出雲の文化にゆったりと浸ることができて、嬉しい限りです。

 11時にこの日の会場となる市町村共済会館白鳥へ到着し、市長さんはじめ色々な人と名刺交換し、打ち合わせを兼ねた昼食会に臨みました。私のような一介の田舎者がこんな場所へ来ていいのだろうかと思いましたが、ここまで来たからには性根を据えねばとスキルをアップして会に臨みました。

 会場は200人予定の椅子が全て埋まり、非ジョイスを出すほどの盛況ぶりでした。私の役目は開会式後の基調講演講師を約1時間、パネルディスカッションのパネラーとして約1時間半の中の、自分の発言時間と一人二役の重労働でした。

(市長さんの横の席に座って話しました)

 

 私の場合はアドリブで話すので、何を話したかはよく覚えていませんが、ステージへの反応は最高で、講演もパネラーもいい仕事が出来たのではないかと思っています。

 この日私は木になるカバンに私紹介のDVD、赤トンボの模型、ポスター、ハーモニカなど様々な小道具を用意して会に臨みました。また偶然の思いつきで新居浜の加藤さんから頂いた小さな電光掲示板まで活用して、参加者をくぎ付けにしました。このころには参加者の雰囲気も相当ゆるんで、爆笑の渦でした。また妻が車の中ででも食べたらと持たせてくれた美味しい双海町産のミカンを先着100人に配ったことも大好評で、貰わなかった人から少々不満の声が聞こえました。

(壇上でミニ電光掲示板を胸につけ熱弁をふるう私)

 日本一と自負する夕日の町伊予市からは残念ながらサミットの誘いがあったのに出席がなく、少し寂しい思いをしましたが、それでも3人で休みを取って一私人として参加でき、全国の夕日の美しい町へ伊予市双海町の夕日を情報発信できたことは何よりも大きな収穫でした。これからも私的な部分でしっかりと昔の実力を温存して夕日によるまちづくりをしっかりと推進してゆきたいと心を新たにしました。せっかくつかんだ夕日をテーマにしたづくりのソフト的遺産を守り伝え、遺し伝えてゆきたいものです。

(同時に開催された全国や世界の夕日写真展)
(夕日の見える時刻表示が至る所にありました)

  「日本一 今でも思う オンリーワン 夕日魅せられ 夕日を語る」

  「この頃に なってようやく 夕日とは 遅れているな 既に俺など」

  「ラフカディオ ハーン愛した 宍道湖の 夕日肴に 湖畔の宿で」

  「嫁ヶ島 見るほど魅力 こりゃ凄い 持てるものなら 荷物にゃならぬ」


 
 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。