shin-1さんの日記

○来るは嬉しく、されど帰るは寂し

 4日前の夕方、孫から電話がかかってきました。「春休みになったので泊まりに行きたい」というのです。私に春休みはないのですが、何件か人に会う約束をしていて、孫同伴でも困らない程度なので引き受ける事にしました。そしてこのところ3日間わが家に長逗留となりました。その間昼間、妻は仕事なので私が面倒を見なけらばならないのです。妻が私と孫の関係を今人気のテレビドラマにあやかって「相棒」というほど、孫と私の息はぴったりで、楽しく遊んでやりました。

 一日目は夕方来たので、部屋の中でダンボールを使った工作遊び程度でしたが、2日目は人間牧場へ妻の作った弁当を持って出かけました。「おじいちゃん、まるでピクニックじゃねえ」と孫が言う通り、私は農作業をしながら途中休憩のお茶や昼食を水平線の家のウッドデッキで楽しみました。

(妻の作ってくれた弁当です)
(中身は海苔巻きと梅干しのおにぎり、それにデザートです)
(野趣味豊に大好きな梅干しの入ったおにぎりをほお張ります)

 二日目は登山です。この日はあいにく風が強く肌寒かったのですが、双海町のシンボルである本尊山に二人で登りました。戸損どうの入口にある天一稲荷神社にお参りしていざ出発です。鉄道をまたぎ、本尊山の頂上までは細いウサギ道しかなく、夜来の雨で少し濡れていましたが、一歩一歩踏みしめるように上って行きました。孫は濡れ落ち葉や笹の根に足を取られて何度か転げましたが、意外と元気に9合目の鳥居付近まで20分ほどで登りました。

(鳥居の中にシーサイドを入れて記念写真を撮りました)
(九合目から真下に見えるわが家の全景です。庭に止めている田舎のオープンカーもくっきり、畑仕事をしている親父の姿も確認できました)
(中学校の全景です)
(双海町の中心市街地です)
(これが噂の私が計画したシーサイド公園です)

 ここから頂上までは急峻な山道が続き、難所中の難所で、朋樹の手を引っ張って何とか頂上まで登りました。山頂はまだ寒く、私が昔種芋を持って上がってばら撒いた水仙が今が身頃と咲き誇ってとても綺麗でした。

(満開の水仙の花)


 頂上には国土地理院の三角点が設置されています。側に多分天一稲荷神社改築の時に屋根から下したものと思われる屋根瓦が置かれていました。


(三角点)
(天一稲荷神社の屋根瓦)

(山頂の大きな岩)

(山頂を示す標識、187m)

(頂上でご満悦の孫朋樹)
(孫が撮影してくれた私のスナップ写真)

(山頂から見える坂の集落小網地区)


 下山は登よりことの他難しく、難所は孫を背負っての下山となりましたが、孫は背中でキャーキャーと嬉しそうにスリルを味わって騒いでいました。僅か一時間の登山は孫にとってもいい経験だったようです。麓の散髪屋さんにジュースとお茶を貰い、喉を潤しました。

(無事下山し稲荷神社にお礼のお参りをしました)

(向こうにトイレが写っているのも気付かずシャッターを押すあたり、私のカメラアングルはまだまだ未熟ですが、椿の木の下に印象的に散っていた椿の花です)


  「よく見れば 花の向こうに 小便器 これでは作品 悪評が落ち」

  「弟が 早く歩ける ようにして 祈りし姿 何とも優し」

  「孫を背に 急な坂道 下り降り 孫はキャーキャー スリル楽しむ」

  「おじいちゃん ハイチーズして ハイパチリ 出来た写真は 痩せこけ自分」


 追伸

 孫が3泊4日の逗留を終えて今朝帰って行きました。来る時は楽しく迎え、居れば居たで煩わしい感じもしましたが、帰ればどこか寂しいものです。孫は明日から家族で大阪のおばあちゃんの所へ帰省するそうです。こちらへ帰ればまた来ることでしょう。


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。