shin-1さんの日記

○若干29歳でも人を動かした教育者

 今の日本は高齢化社会を反映して63歳の私でもまだ若いと自負できるほど高齢者が沢山います。100歳なんて遠い遠い夢物語と思っていたのに、ある統計によると愛媛県内にだけでも650人もの100歳以上の人がいるというから驚きです。長寿社会を揶揄するつもりはさらさらありませんが、高齢化社会になると若者の影が次第に薄くなっていることに気付くのです。社会も人口ピラミッドは逆三角形だし、職場だって管理職の数の方が多いのではと錯覚するほどです。ましてや60歳という定年で退職しても天下って居座り続ける公務員社会などはその典型で、若者はいつまで経ってもその使い走りに甘んじなければならないのです。高齢化の進んだ限界集落などでは、50歳になってもその集落で一番若い?なんて事例はいっぱいあるのです。

 高齢者の社会進出は結構なことなのですが、若者の出番を削いでいる事を思うと、どこかで身を引く事を考えなければいつまでたっても若者の出番は来ないのです。私の親類に父親が若くして亡くなった従兄弟がいます。その時は可哀想に見えて何かと面倒をみてやりましたが、ふと気がつくとその従兄弟はいつの間にかすっかり逞しくなって、90歳になっても親父が生きている私のような人間より、凄い社会人になっているのですから不思議な話です。誤解しないで欲しいのですが、何も親父に「もうそろそろ」と言っているのではありません。上がいなくなると人は成長するという道理なのです。

 私が最も敬愛する歴史上の人物に、松下村塾で80名余りの人を教育し、二人の総理大臣を輩出した吉田松陰がいます。松蔭は長州萩に生まれた武士ですが、私塾松下村塾を開きました。その開塾期間が僅か13ヶ月間であったことや、安政の大獄で処刑されたのが29歳の若さだったことは余り知られていないようです。いくら風雲急を告げる幕末といっても、これほど短い期間に、そしてこれほど若くして名を残した人は後にも先にもいないのではないかと思うのです。折に触れ松蔭に関する書物を読み、松蔭の掛け軸を掛け、その生き方を学ぼうとするのですが、凡人の私にはその偉さを学び体得することは難しいのです。

 ある本に松蔭の教育法六原則が分りやすく解説していました。

 ①自信を持たせる。

 ②使命達成法を教える。

 ③至誠で生きる大切さを教える。

 ④勇気を持たせる。

 ⑤プラス発想。

 ⑥約束を守る。

 松蔭がまず塾生に強く語ったのは「志を立てて万物の源となせ」という志を立てさせることでした。

 時代背景や対象となる人間の純粋さを差し引いても、若干29歳の若者にこんな説得力があるのかどうか、今でも不思議な思いがしてならないのです。わが家の座敷に掛け軸として掛けてある吉田松陰の絵姿を見ると、「これが29歳の姿?」とはとても思えず、凝縮して成熟した人間の姿に深い感動を覚えるのです。

 人の偉さは年齢ではありません。松蔭が語った志を立ててそれを源にして動けば心若く生きれるのです。63歳の私にはもう松蔭のような若さは臨むべきもありませんが、松蔭の倍も生きている年齢を考えれば、もっと思慮深い人間になれるはずだと考えられるのです。

 承引の時代からすればはるかに恵まれて豊かな、そして学ぼうと思えば学べる現代に生きる私たちは初心に立ち返りもっと強く生きねばならないのです。

  「松蔭は 僅か二十九 その歳で 人を導き 今も輝き」

  「もめ事の 多き社会を 垣間見る 国会中継 国民不在」

  「昔人の 生き方忍び ブログ書く こんな時代を 誰が予測か」

  「志 立てて生きよと 教えられ 立てたつもりが 見事倒れて」 

 


この記事はカテゴリ ブログ に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。