shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年3月15日

○広がる朋樹ワールド

 木野は金曜日なので久しぶりに5歳になる孫の朋樹がわが家へ泊まりにやって来ました。一昨日の夕方、「おじいちゃん泊まりに行きたい」と電話が入って約束し、幼稚園が終わる午後3時に松山にある幼稚園へ迎えに行きました。娘のお産頃から頻繁に顔を出している幼稚園なので私の顔を覚えていて、迎えの引継ぎも簡単に済ませて車に乗り込みました。最近は国道を走る車の外の様子が飲み込めていて、色々な看板の文字が読めることから、私を盛んに誘導するのです。松山から松前に向う頃になると「おじいちゃん喉が渇いたからジュース」などと話しかけ、暗に近くのマクドナルドドライブスルーへ誘います。私も孫のお陰で今流行のドライブスルーの店をすっかり馴れて、最初の戸惑いを恥かしく思うのです。マクドナルドに立ち寄りました。例によってドライブスルーの店なので「ハッピーセット、チーズバーガー、オレンジジュース、景品5番」などと単語を並べてマイクに向って話しかけると、「お会計は400円です。前に進んでお受け取り下さい」とアナウンスがあるという、まあ待ち時間のない便利さなのです。

 ハンバーガーやジュースなどそっちのけで、孫はお目当ての景品の袋を開けて使い方を考えるのですが、説明書の全てが読めるわけでもないのにせっせと組み立てて、フライドポテトを食べながら鼻歌交じりのご機嫌なのです。

 昼間なので幼稚園からわが家まで、お店に寄ったりガソリンスタンドでガソリンを入れたりしても約50分で到着しました。孫はさっさとおばあちゃんに予約を入れ集めてもらっておいた段ボール箱や菓子箱で耕作開始です。孫が来るとまるでわが家の居間はゴミの山に変身します。ダンボールをハサミやカッターで切り、ガムテープでくっつけて工作をするのですが、私の手伝ってくれるよう頼みながら朋樹ワールドは次第に完成して行くのです。

 昨日のテーマはお城でした。ダンボールの箱で土台を作り、その上に積み上げてゆくのです。最初は下手糞だった作業も今は随分早くなって、夢の世界が段々広がっています。多分自分のマンションだと作業や行動が制限されて、「片付けなさい」といつも母親から文句をいわれ、不完全燃焼しているようで、わが家に来た時の孫の顔は実に生き生きと輝いて見えるのです。

 そのうち妻が仕事先から帰って来ました。居間の広げさがした様子を見て「まあ何、これは」と絶句のような反応です。孫は得意げになって「これはディズニーランドです」と説明していました。大人の目から見れば唯のゴミなのですが、孫にとってはまさにワールドなのでしょう。「おじいちゃん写真を撮って」とせがまれました。

 与えられた遊びしか出来ない現代っ子だと良く聞きますが、子どもにとってはダンボールや折込チラシも大切な遊び道具です。ガムテープとハサミとカッターも怪我することなく上手に使えるようになったし、も少し孫のゴミ世界に踏み込んでみたいと思っています。

 昨晩は風呂に入れた孫を挟んで妻と三人川の字になって寝ました。孫の温かさが心に染みる幸せな一夜でした。

  「来る度に どこか成長 したような 爺の欲目か そんな気がして」

  「爺婆と 言っててくれるも 今のうち そのうち爺婆 金だけ頂戴」

  「ひっさがす ようにも見える 孫遊び お目々細めて 容認しつつ」

  「おもちゃ買う お金要らなく 助かると 妻はせっせと 箱を集めて」 

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. あやな

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ!素敵なブログですね!
    パソコン入力が得意な方はチャレンジしてみてください!(-_☆)キラーン

コメントは停止中です。