shin-1さんの日記

○ドライブスルー

 この二日、間孫と一緒にドライブスルーのマクドナルドへ立ち寄り、ハッピーセットを購入しました。こうしたファーストフーズのお店は私たちのように物のない時代に育った古い人間は、立って食べるとお行儀が悪いと注意されて育ったものですから、余り馴染みのない店なのです。それでも孫にだけは甘いおじいちゃんとしては、孫の希望に応えない訳にもゆかず、結局は2度も同じ場所へ訪れてしまったのです。

 ドライブスルーは車の外へ出ることもなく車の中で用件が終わるシステムになっています。店の中ほどまで進むとカメラが作動して注文の品を相手とカメラ間線で音声で話ながら次に進むと、そんなに待つこともなくもう品物が用意されているのですから、これくらい便利なことはありません。お金を払い品物を受け取ると、丁寧な挨拶があって道路に出る仕組みになっているのですが、人間はここまで野良にならなければならないのかと、内心驚くやら感心するやらで、現代の商売の変化にはただただ考えさせられることばかりでした。

 孫のような小さい子どもがマクドナルドの店を求めるのは二つのことが理由のようです。まずひとつは子どもの食べ物の嗜好の変化です。ご飯と味噌汁で育った私たちと違い、今の子どもの食生活は完全に洋風化して、カレー、サンドウィッチ、焼きソバ、焼き飯、スパゲティ、目玉焼き、のようなものが好まれるのです。これは大人の食べ物が洋風化したことが子どもに移っただけですから、今の子どもを責める訳にはいかないのです。これら子どもの好きな食べ物の頭文字をなぞっていくとカ・ア・サ・ン・ヤ・ス・メとなるのですから、いかに現代の若いお母さんが食事に手間をかけないか、いかに外食産業に依存したメニューで子どもたちを飼育?しているかが分るのです。歩きながら食べながらのながら族にとっては、ハンバーガーやフライドポテト、チキン、シェークは格好の食べ物や飲み物で、これ以上便利な食べ物は見当たらないのです。

 孫にとってマクドナルドに行くもう一つの理由は、ハッピーセットにお土産がつくのです。ポケモンやドラえもんのおもちゃが幾つかあって、その中から番号で選べるようになっているのです。このお土産が何日かすると変わるため、お友達が持っているこれらのおもちゃが子どもの世界で話題になり、親やおじいちゃんにおねだりするといったお定まりのしたたかな経営戦略に乗せられてしまうのです。

 私流の疑問として、ファーストフーズの食べ物は殆どが油を使用してと繰られていることです。ハンバーグも、フライドポテトもチキンも口当たりはよいのですが、腹持ちが良く食べた後はお腹が張って他の食べ物を食べられにくいようです。昨日もハンバーグを食べた孫は夕食が軽めで、食が進みませんでした。

 ある栄養学の本の著者が、「子どもを病気にさせようと思ったら、毎日ハンバーガーを食べさせなさい」というほどに高カロリーで、肥満な子どもを作るには最適だと警鐘を鳴らしているのです。まあ毎日食べさせる訳でもないので、その警鐘には値しないと思いますが、そういえば親のメタボリ肥満が増えたように、子どもの肥満も大きな問題のようです。こうした高カロリーのものを食べ、運動を余りしなかったら確実に栄養過多となって小児成人病になるのは当たり前の話なのです。

 おじいちゃんは孫の健康を守ることを第一義に考え、たとえ孫に嫌われても体にいいものを与えるくらいの強い信念を持たねばならないと思った次第です。

  「ハンバーガー 欲しいと孫が おねだりし 目じりを下げて 行ってしまった」

  「便利だね 車に乗るまま お買い物 人間どこか 可笑しい予感」

  「本当の 狙いはおもちゃ 欲しいから 孫の作戦 一枚上だ」

  「食べ物が 随分変わる 身の回り 魚人間 俺たち古い」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。