shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年6月23日

○「今日と明日は高知県大月町へ出かけて留守です 」・大月町ルポ①

?こんな見出しのような捨て台詞を書いて昨日高知県大月町へ出かけました。というのも、私のブログを熱心に毎日愛読している方々から、2~3日家を留守にしてブログの記事を書かないと、「おいどうした」とか、「病気ではありませんか?」などと心配してメールをくれる方々がいるので、今回はあえて見出しだけで本文のないブログで消息を知らせていました。6月23日の大月町での仕事を終えてわが家へ帰ってみると、さすがに「おいどうした」や「病気ではありませんか?」はありませんでしたが、「高知県大月町は如何でしたか」とか、「毎日忙しそうで何よりです」とか、微細なメールが何件か入っておりました。

 昨日は梅雨の中休みとでもいうのでしょうか、雨に合うこともなく宇和島道路の完成などもあって予想以上に早く大月町に到着しました。途中2ヶ所で途中休憩をしました。まず1ヶ所目は愛南町の旧内海村のトンネルを出た所にある元内海村助役だった木口さんのお家です。私は宿毛市などに行くため南に下る場合は必ず道筋の知人友人に会うよう心がけていますが、昨日は木口さんのお家の玄関先でにお会いしました。木口さんとは元村長の加幡さんと同じく若い頃から肝胆相照らす仲で、お宅に泊めてもらったりしながら村づくりやまちづくりについて、酒を酌み交わしながら夜のふけるのも忘れて話し合ったものです。この日は運良く木口さんは在宅、家の庭で作業中で久しぶりに面談しました。合併で退職した後の消息、今の日々の過ごし方、合併後の行政や政局などなど立ち話ながら色々な話をしました。木口さんは私よりも若くての退職なので、今は教員をしている奥さんが出働き、家を守るのは木口さんという面白い構図になっているようですが、体調もすこぶるよいようで、お互い元気でいようと励ましあって分かれました。

 2ヶ所目は大月町の目と鼻の先である宿毛市の道の駅でトイレ休憩をしました。宿毛はご承知のようにダルマの夕日で売っている土地なので、これまでも特別な意識をもって見てきました。ダルマの夕日が見える場所を尋ねたりした記憶があり、この道の駅にも何度か立ち寄ったことがありますが、この道の駅は少し右肩下がりではないかと思われるような雰囲気に見て取れました。

 まず道の駅の構成です。道の駅には休憩機能、情報機能、経済機能がありますが、休憩機能は果たしているものの、情報機能は駐車場にある看板のみで、インフォメーションする場所も分らず、市の顔としての機能が果たせていないように思われました。この国道は高知の重要な観光資源である足摺岬へのルート上にあるのですから通過するだけでは勿体ないと思うのです。

 問題は経済機能です。たしかに自動販売機はいっぱいありますが、その自動販売機も環境などには配慮せず無造作にむき出しって感じでしたし、何よりもお店がテナントで地域との密着や地域の主張がまるで見えてきませんでした。道の駅の草も伸び放題、救いはトイレが綺麗かったぐらいでしょう。道の駅の裏に広がる宿毛湾の風景への誘導などはまったくなされておらず、和風野外ステージの中には通行人がわが者顔でテントを張って洗濯物を干し、何やら食事を作っていました。管理者の見回りもなく、道の駅に思いを寄せる私としては少し心が痛み、他人事ではないほど心が痛みました。この現状を施設設置者の市役所は果たして知っているのか、知っていても黙認しているのか分りませんが、とにかく凋落ぶりが目に付きました。

(道の駅の表玄関、草が伸びているため何となく活気がないように見えました。)

(いい施設だのに野外ステージや海への誘導が出来ていませんでした。)
(海岸には穴の開いた洞窟などもあっていい原風景が広がっていますが、この資源が生かされていませんでした。)

(まるで自動販売機の展示場です。道の駅は環境がテーマの時代なのに余りにも無造作です。)

(この看板はやはり目に付くいい看板でここのランドマークでしょう。ならばこの夕日の看板の前で記念写真を撮ると一枚の絵になるような工夫が必要だと思います。)

(幡多地方は広域観光を推進しているのですから、幡多のインフォメーションセンターとしての昨日が必要だと思います。)
 宿毛の道の駅を出て大月町の道の駅に到着しました。多分2年ぶりくらいの立ち寄りだと思うのですが、直前に見た宿毛の道の駅と比較すると、随分活気があるように思えました。掃除も行き届き、今までなかった野菜や魚を専門に売る施設が完成し、多くの商品が入荷して盛況でした。特に魚売り場は新鮮な魚が並んでいて、道の駅の近くには見えない海ながら、大月町が海の町であることを深く印象付けました。

 道の駅に入って直ぐに「若松さんようこそ」と、一人の紳士風の方に声をかけられました。その方が後の会議に出会って大月町長さんだったと知り2度びっくりでした。私は美味しいイチゴ味のソフトクリームを注文しそれを食べながら駅長さんや事務員さんと楽しいおしゃべりをしました。お二人とも愛想がよく、知人である道の駅の前の弁当屋さんが休みなので尋ねましたが、早速電話をしてくれて午後の研修会に来られるとの連絡を受けました。インフォメーションも抜群で何かほのぼのとした気持ちで道の駅を後にしました。多分明くる日の今日帰りにもう一度立ち寄って魚を買い求め、発泡スチロールに入れて持ち帰る気持ちになったのは、職員さんの温かさに触れたからでしょう。さらには今日、かつてわが町に視察に来た見覚えのある柏島のおばちゃんに声をかけてもらいじゃこ天までお土産にいただきました。嬉しい出会いでした。

  「今日と明日 留守だと書いて 家を出る さすがにブログ 効き目抜群」

  「旧友と 久しぶりにて 会話する 俺と同じの サンデー毎日」

  「道の駅 ピンからキリまで ありまする 思い寄せねば 今に飽きられ」

  「南国の 太陽に似た おばちゃんが 懐かしそうに 俺に声かけ」



 

[ この記事をシェアする ]