shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年6月21日

○時刻表の文字が読み辛くなった

 出張で県外へ行く場合、最近までは大判の時刻表を繰って目的地までの予定を書き込んでいましたが、インタネットの使い方が分ってからは、出発日の出発地と出発時間時間か目的地と到着時間を入力さえすれば簡単に検索が出来るようになって、とても便利になりました。先日博多と人吉経由であさぎり町へ行く場合も、あらかじめデータを集めて、到着時間を相手に知らせておきました。ところが間に合わないと思っていた博多発の列車より一本早い列車が到着したので思い切って飛び乗りました。早朝だったので列車は空いた席も目だっていましたが、さすが日曜日、しかも父の日とあって特急の止る駅に着く度に乗客の数が増え、特急といっても僅か2両の自由席には立っている人もいるほど込み合って、球磨川沿いを走る頃には鮨詰め状態となりました。熊本駅の売店で買い求めたワンコイン500円の小版の時刻表を見ながら、旅の夢を追おうとしましたが、外は曇り空、しかも車内は室内灯の光も弱く、時刻表の数字がなかなか読み取れないのです。この歳になってもメガネの要らない私ですが、さすがに時刻表の文字は小さく、3と8、9や6と0などが判別がつきにくいのです。それでも目を細めながら最初のページの絵地図の中のページ番号を頼りにメー時をめくり、到着と発車の時刻を結んで行くのですが、これが意外と楽しいものなのです。

 「時刻表は空想の本」だとしみじみ思います。例えばわが町を基点に考えると予讃線海岸周りの載ったページを索引し、「いよかみなだ」の出発時刻を見ます。この時刻表ではまだ海岸周りが予讃線の本線で、内子線は支線として掲載されてます。宇和島発から高松着の上り列車の時刻がお行儀よく並び、伊予か松山からは特急に乗り換えるため「特急しおかぜ」の欄にリンクして時刻を追って行きます。何度も乗車経験のある私としては頭の中に駅舎や車窓の広がる風景を連想しながら、旅程を組み立てて行くのです。先日行った秋田などは松山空港まで車で行き、そこから羽田を経由して秋田空港に降り立つ巻末近くの航空ダイヤを索引しますが、航空ダイヤは季節によって発着時刻が変るので注意しなければなりません。また空港へ迎えに来てもらえる地方は心配ないのですが、羽田だと東京モノレールを乗り継いで再び列車の時刻表に戻らなければなりません。こうして次から次へとページを捲りながら夢を紡いでゆくのです。この作業をインターネットは条件入力さえすれば瞬時に作業をしてくれ、出発時刻の早い順に3案を提示し、しかも金額や乗り換え待ち時間まで出るのですから大したものです。旅の不安は時間と金額ですから、その二つの大まかな予定が立つと案外安心できるのです。

 役所に勤めていた最近までは、JRの駅にに電話をしたり前回の出張で計算した旅費明細を捲りながら旅費計算をしたものですが、今ではその必要もなく正確な普通料金と特急料金が出ます。今年の春先税金の確定申告の時、始めてこの便利なシステムのお世話になって重宝しました。例えば普通私が講演に行く場合、何がしかの講演料を貰います。その講演料と旅費を合算した金額から10パーセントの税金が差し引かれて手渡し若しくは振込みとなるのですが、私はこの方法は間違っていると主張しました。だって講演料の税金は理解できますが、旅費は税金を引かれるとその分だけ赤字になるのです。旅費は必要経費だからとお話したら、要った旅費を一覧表で提出するよう求められました。旅は終わっておりそんな難しいことを言われても出来ないと思っていたのですが、何とこの作業が瞬時に出来てしまい、一覧表を提出して税務署への申告を終わりましたが、何と何とこの作業によって凄い金額が還付されたのです。還付の通知ハガキを貰った妻は大喜び、小躍りしていました。

 私の旅はまだまだ続きそうです。折角手に入れた小版の時刻表は6月号です。そんなに長い間は使えないと思いますが、駅に備え付けの大版時刻表と共にせいぜい利用して旅の夢を膨らませたいと思っています。

  「これだけの 厚みと文字で 五百円 安いものだが 間もなく古く」

  「空想を 巡らせ捲る 時刻表 駅弁・風景 人の姿が」

  「特急の 名前全てに 物語 路線を走る 夢乗せ走る」

  「カバン提げ まるでフーテン 寅のよう 今日もどこかの 駅に降り立つ」


[ この記事をシェアする ]