shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年6月19日

○父の日の贈り物

 「お父さん、父の日の贈り物は何がいい」と、数日前産後の休養で帰っている娘と娘婿が唐突に聞くのです。この歳になると「欲しいものなどないので「何もないから心配せんでもいい」と返しました。すると娘婿が「お父さんのパソコン用のプリンターはスキャナーがついていないといっていたので、プリンターはどうですか」というのです。でも私のプリンターはまだ使えるし、「勿体ないからまだ使う」と答えましたが、娘婿は早速手持ちのパソコンでプリンターのカタログを画面に写し、「キャノンかエプソンか」などと盛んに話しかけ、結局は「任せる」で一件落着しました。私は誕生日や結婚記念日や父の日などに決まって贈り物をくれる子どもたちに恐縮しています。長女にはその事をいつも言うのですが長女は「子どもを産んで育てたのだからそれくらいのことは甘えなさい」と殊勝なことをいってくれますが、自分のお産で孫の世話をしてやった恩義を感じての話と受け止め今年も父の日のプレゼントを甘んじて受けました。子どもたちはその金額を4等分して長女の威厳を少し上乗せして今年も父の日前の金曜日に大きな箱に入ったインターネットで注文のプリンターが届きました。先日上京した折現在のプリンターのインクカートリッジを大量に購入していて無駄になるといけないので、急な思いつきで全てのブログをプリントアウトすることを決意し、朝な夕なその作業に追われているのです。昨日は九州熊本県あさぎり町からの帰りで、午前中の会議も全てこなせたため午後からは約4カ月分のプリントを終え、後4ヶ月を残すのみとなりました。

 父の日はアメリカが発祥の地と言われていますが、父の日が近づくと新聞広告もデパートの売り場も父の日目当ての商品が数多く売り出されます。人間には必ず両親がいるのですから、プレゼントにこだわるだけでなく死んでなくなったりしていてもお墓参りなどをすればその恩に報いることは出来るのですから、その意味をかみ締めることが大事だと思うのです。日ごろは口うるさく言う父親の存在はこの歳になってもついつい煙たいものです。若い頃はそのうるささが頭に来て口喧嘩もやりましたし、反感反目の抵抗もしました。しかし自分がその歳になって逆の立場に立たされている今思うと、親の言った言葉が一つ一つ胸に迫ってくるのです。幸い4人の子どもは大きな反感反目もせず、反社会的な人間になることもなくここまで成長し、父の日のプレゼントを贈ってくれるような優しい心根の人間に育ちました。世の親がしたような親らしいことは何一つしてやっていないのにです。

 私は子どもの名前全てに私の一字「一」を頭につけています。したがってわが子は全て英語のイニシャルがⅠWなのです。親の思いつきと何気なくつけた名前ですが、先日友人に指摘されて意外な事に気が付きました。長女は一子で子どもの子がついています。故なのか助産師をしています。長男は一心で心がついています。故なのか設計の仕事をして人間の心を追求しています。次男は一生で生がついています。故なのか看護師として人の命に関わる仕事をしています。三男は一公で公が着いています。故なのか警察官として公を守っています。こうして子・心・生・公毎に名前の一字らしい仕事を天職として選んでいるのですから、私の眼力も相当なものです?。

 プレゼントを貰ったから子どもを産んでよかったと思う軽薄な考えは毛頭ありませんが、それでも子どもからの贈り物に感謝したい心境に変りはないのです。

  「自分さえ 忘れていたな 父の日に 大きな箱が ドンとわが家に」

  「一年に 一度の記念日 忘れずに ちゃんと感謝の 子どもに感謝」

  「九十の 父に感謝の サロンパス 今朝も腰貼り 今日も元気で」

  「親父とは 子どもに反感 反抗され 育つもんだと しみじみ思う」 

[ この記事をシェアする ]