shin-1さんの日記

美幌町去り難し②(四国から春色の風の便り)

 四国から春色の風の便りを北国の皆さんに心をこめて送ります。

若松進一ブログ (黄色く染まって満開が近いことを告げるように咲き誇るJR予讃線沿いの菜の花畑)
若松進一ブログ (中学校の校庭には一足早い桜がピンクの色も艶やかに咲いています)

 「美幌町去り難し②」とテーマを書いたのに、いきなり二枚の花の写真が登場しました。一枚目の写真は、一昨日わが町へ視察研修にやってきた筑波大学大学院生加藤つむぎさんを案内した折撮影した、町内閏住の菜の花畑です。二枚目の写真はこれも一昨日夜地元上灘中学校の評価委員会に出席した際帰りに気がついて撮った校庭の彼岸さくらです。

 雪に閉ざされたモノクロ写真のような風景の美幌町の皆さんにささやかながら一足早い春の足音をお届けしようと用意しました。下の写真は白鳥公園で撮った雪国ならではの動きのある写真です。「狭い日本」というけれど、やはり日本も北と南西ではこんなに差があるのです。

若松進一ブログ (白鳥公園の野鳥はやがて雪解けとともに更に北を目指すのでしょう)

 全ての日程を終え、私は美幌を後にしました。飛行場には女性の集いに参加した方々や教育講演会に参加した方々、またわざわざサロマから船木さんたちも駆けつけて盛大な見送りをしていただきました。船木さんたちは前回紋別での管内社会教育研究大会の折にもオホーツク空港へ見送りに来てもらい、飛行場の屋上から盛んに手を振って見送る姿がとても印象的な光景として今も目に焼き付いているのです。空港で写真を撮りましたが何故か私の木になるカバンを松本所長さんが持っていて驚きました。

若松進一ブログ(写真を撮っていただいた小池さんを復縁ると9人もの人が見送ってくれたのです。大感激でした)

 今回は主催者側で航空券のチケットを手配してくれたため、帰りは羽田ではなく中部空港経由でした。晴れの北国から雨の四国へと乗り継いだ飛行機は、夕日に照らされ、プロめら木ということもあってとても印象的でした。夕日に照らされて舞うプロペラを窓越しに眺めながら4日間の思い出に浸りました。訪ねた場所、出会った人々、そして懐かしい人との再会などなどが浮かんでは消えて行きました。

若松進一ブログ(私が乗ったプロペラの飛行機)
若松進一ブログ(プロペラを照らす2月24日の夕日)

 飛行機は約10分遅れで松山空港に到着しました。普通は機内に持ち込むはずの荷物ですが、この日は女満別で預けました。地方空港なので荷物は直ぐに出てきました。到着ロビーには妻が迎えに来てくれていました。「お父さん寒かったでしょう」「流氷が見えて良かったね」と矢継ぎ早の質問が家へ帰るまで延々続きましたが、普通は無口な私も久しぶりに饒舌になって北海道の思い出を話してやりました。妻は過去2度も流氷観光にアタックしながら涙を飲んだ苦い経験を持っているのです。毎日家を留守にする私ですが、最近は長くても殆ど一泊二日程度です。今回は4日間という長旅だったので久しぶりに帰ったという実感です。

 旅の思い出はメモをしておかないと忘れてしまい忘却の彼方に消えてしまうものです。幸いブログという優れ物を持っているので、デジカメの100枚を超える写真の中から何点かを選んでブログに載せました。美幌町での思い出は電子文字としてパソコンに記憶させ、プリントアウトして人間牧場の書棚の片隅に置枯れる予定です。

  「双発の プロペラ夕日 染め沈む 雲の上から 印象的に」

  「飛行場 見送る友を 見送りて 飛行機雲間 ふる里目指す」

  「二十度も 差のある気温 迎えたり 妻の笑顔に 疲れ忘れて」

  「四日間 留守したわが家 懐かしく あれこれ話す 土産の替わり」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。