shin-1さんの日記

○雪に埋もれた美幌町で講演をしました。

 日曜日の朝は羽田発時45分発の飛行機に乗るため、宿舎を早めに出て6時過ぎのモノレールで羽田に向かいました。天気予報では北海道の天気も回復し、青森や北海道では昨日の大荒れの天気で機体のやりくりがつかず欠航の便があるようでしたが、女満別へ向かう私の乗る予定の飛行機は予定通り定刻にしかも満席で羽田を飛び立ちました。途中仙台上空から岩手県上空を経て会場に出た飛行機は、不安定な気象条件なのか幾分揺れながら順調に飛行しました。幸い窓際の席を確保していたものですから、眼下には北上するにつれて雪の景色が広がり、どちらかというと南国育ちの私には雪の世界がとてつもなく新鮮で、胸の高鳴りを覚えました。

若松進一ブログ(上空から蝦夷富士を望む)
若松進一ブログ(上空から見える雪に覆われた北国)
若松進一ブログ(遥か彼方に流氷接岸のオホーツク海が見えました)

若松進一ブログ(女満別空港へ着陸寸前の飛行機の窓から見えた雪の平原)

 上空からは見覚えのある雄阿寒岳など雄大な北海道の大地がはっきりと見えて、苦労の末に来ただけあって嬉しさも格別です。着陸前に飛行機はオホーツク海側に出て大きく旋回しましたが、視界の彼方に接岸した流氷の姿を見て感激ました。やがて飛行機は女満別空港に到着し、マナビティセンターの松本所長さんと小池さんの出迎えを受けました。美幌峠で有名な美幌町は女満別空港の近くにあって便利な町です。この日から3日間を過ごすのですが、まずホテルにチェックインして休憩をとらせてもらい身支度を整えました。本当は午前中の講演の予定でしたが、前日の吹雪で準備が間に合わず、私の講演は予定を変更して12時45分からとなったそうです。お迎えが来て会場に入った時は町長さんのあいさつの途中で、私の紹介を織り交ぜて挨拶をしていただいていました。町長さんや皆さんと名刺交換しながら昼食弁当をご馳走になりましたが、参加者はこの悪天候で町中に雪の塊が幾つもできるほどの大雪にもかかわらず350人近くもいるということにまずびっくりしました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 美幌町自治会連合会女性部会の手によって朝のうちに準備の整った美幌町コミュニティセンター大集会室での講演は、予定時間通りピッタリに行われました。「女性が輝くときまちが輝く」という演題で90分間の話をさせてもらいました。まあ凄い迫力で私の話を飲み込んでくれるものですから、私もその気になって思いきり話をさせてもらいました。これを阿吽の呼吸とでもいうのでしょうか。私の言葉は伊予の国の方言があるのですが、北国の人には聞きづらい点も多かったのに、反響抜群でした。その模様は明くる日の北海道新聞に私の顔写真入りで掲載されていて赤面の至りです。

 講演の後はそれぞれの地区や団体からの20組もの出し物が名を連ね、日本舞踊ありフラダンスあり、歌謡ショーあり、寸劇ありの楽しいひと時を過ごしました。その中に村田さんという人がハーモニカを披露しました。凄いテクニシャンでカセットテープに合わせて吹く技術は私など比ではありませんでした。それでもご指名されて私もハーモニカを団中で吹かせてもらいましたが汗顔の至りでした。

若松進一ブログ(フラダンスも素敵でした。
若松進一ブログ(ハーモニカを吹く村田さん、その技に驚きました)

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。