shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年2月6日

○春はそこまで

 風邪をひいた年末年始は、「今年の冬は寒い」と思ってたのに、このところの温かさをマスコミは一斉に「温暖化の影響」だと騒いでいます。またスギ花粉も飛び出して花粉症にご用心や、インフルエンザにご用心などと、相変わらず訳の分からぬお天気談義が続いているようです。

若松進一ブログ(松山から25キロ、歩いて到着した中学生)

 それにしても今日は穏やかな日和でした。立春が過ぎるとこんなにも春の足音が早いのか?と思わせるような陽気です。愛媛県では立春前後、中学2年生を対象に各学校で少年式という、全国的には珍しい行事が組まれています。中学2年生といえば昔の元服の年齢と同じだそうで、元服の誓いである「自覚」「健康」「立志」の三本柱を掲げて様々な催しをするのです。私が今日訪ねた国立大洲青少年交流の家には、内子中学の生徒が歩いてきていましたし、帰って訪ねたシーサイド公園には松山南中学校の生徒が25キロも歩いてやってきていました。中にはPTAの役員でしょうか府警の顔もちらほら見えて微笑ましく感じました。


 私は国立青少年交流の家での打ち合わせの前に新任の所長さんや次長さん、それに児玉係長さんを交えて昼食を御馳走になりました。いつものことながらこの施設での食事はバイキング方式で、発足当時の青年の家だった頃には考えられないような充実したメニューで、カレーや日本そばまでいただいて、満腹になりました。打ち合わせが終わり早々にお暇した帰り、大洲のホームセンターに立ち寄り、コンクリートブロックを9枚買い求めました。田舎のオープンカーで出かけていたので、後ろの荷台に積んで帰りました。このブロックは山奥組の井上さんが11日の年輪塾オープンセミナーに先立って、蜂の分家をしてくれるためのものです。多分このブロックを敷いた上に蜂の巣箱を置くのでしょうが、詳しいことは分からないのです。とりあえず指示通りにブロックを用意したので、今年は人間牧場での蜜蜂飼いプロジェクトがスタートします。上手くできるといいのですが・・・。

若松進一ブログ(自然に温度が上がっている腐葉土づくりの苗床)

 帰り道人間牧場へ上がりました。二日前に覆いを被せた腐葉土づくりも、春の陽気に誘われて熱気ムンムンの状態がビニールの上から見えて、少しだけ安心をしています。この分だと遅れを取り戻して昨年と同じ頃には芋を苗床に伏せれるかも知れません。

若松進一ブログ(出来上がった年輪塾の名札)

 昨日市役所の米井さんに頼んで書いてもらっていた年輪塾塾生の名札に穴をあけ吊り下げました。前期のものは叔父に頼んで書いてもらっていたため多少釣り合いがとれませんが、新しくメンバーに加わった方々の名前が加わり急に賑やかになったようです。塾生は塾長の私と塾頭の清水さんを加えて11人になりました。まだ塾生になりたいという希望者が何人かいるので、そのうち塾生の人数も増えることでしょう。

 今月11日に開催予定のセミナーは塾頭の清水さんと小番頭の松本さんが中心になって準備を進めています。10年間で40回の塾を開いたフロンティア塾以来の開塾です。定員25人に対し直ぐに申込みが満杯になったと松本さんから連絡がありました。

 今日は迎える準備として少しばかり掃除をしておこうと、掃除機を取り出して掃除をしました。窓を全開して春の空気を入れましたが、こんな天気であって欲しいと、11日の天気を祈りました。

  「天気だと 温暖化かも 大騒ぎ インフルエンザ 何処へ行ったの」

  「ブロックを 九枚用意と メール来て 蜂の分家に 期待集まる」

  「墨字書く 名札穴あけ 吊り下げる 開塾準備 万端整う」

  「立春を 期して誓いの 少年が 二十五キロも 歩いてゴール」

[ この記事をシェアする ]