shin-1さんの日記

○節分・立春

 昨日は節分、親父の作ってくれた鬼ぐいにヒイラギを挟んだものを玄関や神仏供えて夜豆をまきました。「鬼は外福は内」と少し控え目な声で播いたのです。はてさて歳老いた親父と私たち夫婦の三人しかいないわが家は、一番鬼に近い人間はやはり私のようで、「鬼は外」と妻に豆を投げつけてもらい、一旦外に出て「福は内」と家の中に入りました。子どもじみたことですがこんなことでもしないと平凡な日々の暮らしにメリハリがつかないのです。妻は毎度のことながら呆れ返って豆を播き、二人で豆を食べました。昔は歳の数だけ豆を食べていましたが、私64歳、妻63歳ですから、とてもそんなに多い数の豆は食べきれないのです。したがって私は10歳単位で一個食べることにして二人とも四捨五入して7個ずつ食べました。そして妻の兄が持参してくれた恵方巻き寿司を今年の方角東北東に向かって食べました。何の意味もないと思うバカバカしい習慣ですが、それでも吉を呼びたいと思い妻と二人で美味しく頂きました。それでも不思議なものでこのような習慣でもやればどことなく安心するのですから人間の心もいい加減なもののようです。

若松進一ブログ(ほころび始めた白梅の花)
若松進一ブログ(西洋椿の花)

 昨日一日降った雨も上がって、今日は立春らしく温かくて穏やかな日です。窓越しに見える家の周りの雑野草もどことなく生気が出たような気もします。思い切って外に出てみました。庭の梅の木は膨らみ始めた白梅の花が早春の香りを漂わせつつあります。親父が育てている盆栽も知らない間にもう梅の花は満開で、そっと鼻を近づけ花の香りを楽しみました。また大きな西洋椿も誇らしく咲き、花を咲かせているのに見てくれるご主人に不満を言っているようにも見えました。

 運よく下灘に住む親父の妹が陽気に誘われて自転車でやって来ました。いつも美味しい魚を届けてくれるので、家庭菜園に入りカリフラワーとチンゲンサイ、カブと丸々太ったキャベツを収穫し段ボール箱に入れてやりました。この叔母は叔母と呼んではいますが、私より一歳年上だけなのです。12人兄弟の長男である親父と末っ子に生まれた叔母とは兄弟といいながら30歳近くも歳が離れているのです。親父の隠居でお茶を飲みながら少しの間話して叔母は帰って行きました。同じ町内に住んでいるのに、毎日忙しく暮らしているものですから、ついついご無沙汰ばかりです。

 「春が来た」という歌を歌いたくなるような立春です。寒波もこれから何度かやってきそうですが、春遠からじといったところです。しかし春が来たからといって浮かれた話だけではありません。世界同時不況の影響を受けて私の姉の長男も派遣切りに遭い帰郷しています。大学院まで出て昔の私たちの時代からすると考えられないような高学歴なのにです。どこかいい職場はないか私もあれこれつてを頼りに探していますが、高学歴がかえって邪魔になって中々いい職は見つかっていないのです。こんな時こそ顔の広さが物を言うと私の出番を誰もが言うのですが、世の中そんなに甘いものではないようです。当分失業保険がもらえるようですが、年齢的に高くなっていて親の焦る言葉が身に染みて分かるだけに、心が重い立春です。

 それでも、自分の故郷を見向きもしなかった長男が帰って来て急に賑やかになった嬉しさは隠しきれないようで、これで地元で働く場所さえ確保できれば、派遣切りも不幸中の幸いと受け止めれるのでしょうが、姉の家に春が来るのはもう少し先のようです

  「派遣切り 人のことかと 思いしに 身近な甥に 悩みの春が」

  「立春の 声聞き春は そこまでと 小鳥さえずり 花が教える」

  「菜園の 野菜収穫 おすそ分け 叔母は喜び 自転車帰る」

  「歳の数 食べろと言われ よく食べた 今は適当 年齢相応」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。