shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年1月17日

○歌は世につれ世は歌につれ

 私たちの世代は一体どんな時代だったのかと振り返ってみる手段は、やはり流行った歌を思い出すのが一番かも知れません。しかし私のような純日本的な人間には、ビートルズもベンチャーズも、またジャズやロックも縁遠く、フォークソングのようなものくらいしかレパートリーがないのです。

 それでも人は人自分は自分ですから、自分の生きざまの中に流行った歌をダブらせながら思い出してみるのです。私が知っている歌は懐メロです。藤山一郎や東海林太郎、春日八郎、三橋美智也、村田英雄、三波春夫、フランク永井、舟木一夫、小林旭、石原裕次郎、橋幸夫、北島三郎、南こうせつなどの男性歌手が浮かんできます。一方女性歌手では美空ひばり、都はるみ、青江三奈、坂本冬美、森昌子、桜田純子、水前寺清子、イルカ、川中美幸などが浮かびます。いずれも懐かしい人でもう記憶の中から消えている人が殆どで歌手さえも思い出せないのです。

 私は双海町という役場で村おこしやまちづくり、それに広報や観光を担当したていたこともあって、仕事がら有名な人に沢山出会ってきました。特に思い出に残る出会いはフーテンの寅さんこと渥美清さんと川中美幸さんです。フーテンの寅さんは私が町の広報を担当していた時、日本で一番海に近い下灘駅でご存じ寅さんシリーズ「寅次郎と殿様」のロケがありました。私は山田洋次監督の許しを得て寅さんに歩いている姿やロケ風景を写真に収めました。その時寅さんと交わした言葉は「やあ」だけでしたが、私の心の中には寅さんの歩いたりロケをしている姿が今もセピア色の写真のように残っているのです。

 星野哲郎さんが作詞し、山本直純さんが作曲したご存じ「男はつらいよ」は記憶に残る歌です。

 〈セリフ〉私生まれも育ちも葛飾柴又です

      帝釈天で産湯を使い姓は車名は寅次郎と発します

  ♭俺がいたんじゃ お嫁にゆけぬ

   わかっちゃいるんだ 妹よ

   いつかおまえの喜ぶような

   偉い兄貴になりたくて

   奮闘努力の甲斐もなく

   今日は涙の

   今日は涙の日が落ちる

   日が落ちる

 もう一人忘れてならない歌手は川中美幸さんです。川中美幸さんとは南海放送のスタジオでお目にかかりました。ご存じ雲海酒造提供の「川中美幸人・歌・心」というラジオ番組に私はゲストとして出演しました。「あんた本当に公務員?」と流暢な私の話しぶりにすっかり魅了された川中美幸さんは放送収録が終わって私に聞き返しました。「はい公務員ではなく夢を好む好夢員です」といったら大爆笑となりました。素敵な川中美幸さんの笑顔が印象的で、今も忘れられない思い出です。あの時私がリクエストしたんは並木路子さんの「リンゴの唄」でした。以来単純細胞の私は川中美幸の隠れファンなって二輪草という歌を口ずさんでいるのです。

  あなた おまえ

  呼んで呼ばれて 寄り添って

  やさしく私を いたわって

  好きで一緒に なった仲

  喧嘩したって

  背中合わせの ぬくもりが

  かようふたりは ふたりは二輪草


  「寅さんと 美幸の歌は 忘れない 下手だが今日も ハーモニカ吹く」

  「流行歌 それしか知らぬ 浅い俺 でも何となく 自分重ねて」

  「世に連れて 歌は社会を 写し出す 鏡のように どこか寂しく」

  「ああ俺も 古くなったな 浜崎や 宇多田の歌が 歌えないです」