shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年11月22日

○おらんちの夕日もまっこと綺麗ぜよ

 日本全国を旅していると、夕日を売り物にしている私に喧嘩を吹っ掛けるような雰囲気で、「あんたの夕日には負けず劣らずわが町の夕日も綺麗です」という人が沢山いて、その度に私は「それがどしたん」と反返してやるのです。昨日も高知県芸西村のイキイキ会に招かれて講演に出かけ、その席で随分何人もの人から芸西村琴が浜海岸の夕日は日本一だと聞かされました。特に会場となった芸西村民会館という文化ホールの緞帳はことが浜の松林にと太平洋に沈む夕日を美しくあしらっていたし、就任2週間目の村長さんの話でも出てきたのですから、いよいよ本物の夕日なのでしょう。また会長さんの挨拶やエコをテーマにした寸劇にもアドリブで双海の夕日と比較した琴が浜の夕日が紹介されて、いよいよその美しさを見てみたくなりました。

 実は最近ラジオのニュースで芸西村から室戸岬に至る海岸でダルマの夕日が見えるスポットを紹介するパンフレットが広域で作成されているという情報を聞いていました。高知県の西の端に位置する宿毛のダルマ夕日は既に夕陽百選にノミネートされていますが、芸西界隈の夕日はまだ見たことがないのです。

 幸いこの日の集会は午後6時からということだったので、少し早目の明るいうちに高知県入りし、芸西の海岸に立って夕日を見ようと思い出かけました。途中馬路村で行われた観光カリスマ塾に参加して帰途についていた地域政策センターの谷本さん、清水さん、松本さんから電話が入りましたが、車を止めて電話を聞く余裕がなく出そびれてしまい、多分南国か香南でニアミスしたようでした。それでも何とか芸西に入って西のsらの明るさに気づき、やばいと思いつつローソンに車を止めて小走りに海岸に出ました。

 高知県の海岸は台風の高波や、予想される南海地震の大津波から背後に暮らす人々の生命と土地を守るためまるで見上げるような大きな防波堤が延々と築かれているため、国道沿いから夕日は見えないのです。わが町のように国道のガードレールさえ景観に配慮してパイプ製にしているのとは大違いなのです。点滅信号のボタンを押しても中々信号が変わらずイライラしながら海岸に小走りで出てクジラの背のような防波堤を一気に駆け上がりました。まさに間一髪美しい夕日を拝むことができました。

 この日の夕日は雲があって必ずしも100パーセントではありませんでしたが、それでも弓なりになって太平洋に広がる大海原の向こう沈もうとする夕景は絵になる光景でした。多分芸西の位置からして夕日が沈むあたりには坂本竜馬が立っている桂浜辺りではないかと、寒風の中夕日に向かって立つ若松進一自身を坂本竜馬の姿にダブらせ、何とも言えない気分に一人浸りました。



 昨夜の集会は大そうたまげました。人口4千人ほどの村なのに300人もの女性が集まってホールは割れんばかりの盛り上がりです。プログラムはあいさつと寸劇などの催し、手づくり皿鉢料理の試食夕食交流会、講演会の三本立てでしたが、高知新聞が全面的にバックアップしているため、その日の新聞をパソコンで作成して配るなど、まるでどこかのフェアーのような雰囲気でした。会場の三方を埋め尽くした料理にも度肝を抜かれましたが、いやはや皆さんの食欲をまるで蜂の巣をつついたような雰囲気で、気の小さい?私などは圧倒されてしまいました。それにしても芸西は施設園芸発祥の土地だけあって、ナスのタタキは絶品ででした。

 私の講演は19時40分から約1時間でしたが、いやあ大いに盛り上がり、結果的には21時まで話してしまいました。マイクの調子も話も絶好調で楽しい集会でした。


  「おらが町 夕日が綺麗と 自慢する それがどしたん 金にもならぬ」

  「久し振り いい集会に招かれて ワンマンショーに 酔い知れ話す」

  「瀬戸内と どこか違うな 高知県 やる事全て 大海如し」

  「この村の 底の力を 知りました 三百人もの 女性集まる」