shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年11月15日

○留守の人間牧場

 「若松さん、今回の全国大会のついでに人間牧場へ行きたいのですが」という電話やメール連絡をいくつもいただきました。その都度「研修会が終わる3日目は残念ながら塩崎さんの招きで第6分科会のある伊方町へ行っていますので」と断り続けていました。しかし双海町を文化会場に選んだ方々にそんな理由で不義理をすることもできず悩みましたが、妙案としてえひめ地域政策研究センターの松本さんに鍵を渡して私の代役を務めてもらうよう頼んだところ潔く引き受けてくれたためホッとしました。

 昨晩分科会夜なべ談義の最中に家へ鍵を取りに帰ろうとしました。ところがこの一週間車で遠出をしたものですから、明くる日の朝伊方町へ行くガソリンが心配になって、伊予市まで走り夜遅い時間ながら給油を終えホッとしました。家に帰って人間牧場の鍵を持ち出し、松本さんの宿泊しているふれあいの館まで持参し手渡しました。

 

 松本さんは年輪塾の塾生であり、落伍の小番頭でもあるので安心して任せました。私が第6分科会の仕事を終えて帰ろうとする頃松本さんから携帯電話が入りました。マナーモードにしていたため何度も呼び出したようでしたが、財団法人地域活性化センターの石田理事長さんや山梨県立大学の市原先生、三重の杉谷さんや杉本さん、それに西条の井上さんが初めてというので、案内したようです。携帯電話の電波の状態が悪く聞き取れなかったのですが、皆さん感激されて帰ったようで嬉しい限りです。

 松本さんには石田理事長さんを飛行場まで、また市原先生を上島町の兼頭さん宅まで送り届けて交流する任務までしてもらったようで、彼はもう4日間も家に帰っていないようなので疲れがピークかも知れないと電話をかけましたが、以外と元気で交流しているようで安心しました。


 このところの忙しさは尋常ではなく、人間牧場へは今回恋人岬で夕日落伍寄席をやるために、人型パネルやめくり、拍子木、裂き織ちゃんちゃんこなどの7つ道具を取りに出かけて以来一度も覗いていないのです。掃除も行き届いていないので、多分皆さんは不快に思ったのではないかと心配しているのです。

 幸い皆さんが人間牧場を見学している頃はまだ雨も降っていなかったし温かかったようでしたが、松本さんと連絡がついた頃にポツポツ雨が落ちてきて間一髪でした。全国大会のため先送りしていた仕事が随分溜まり、この忙しさはまだ当分続くようで、人間牧場へはまだ当分先のようですが、少しのんびりと本でも読みながら昼寝を楽しみに行きたいと思っています。


   「主人留守 小番頭なる 友人に 鍵を預けて 案内頼む」

   「小雨ポロ 間一髪の すれ違い さすが人間 牧場嬉し」

   「喜んで 帰ったですと 電話入る 主人いなくも ちゃんと感じて」

   「そのうちに 牧場昼寝 楽しみに いつのことやら 当分忙し」

 

[ この記事をシェアする ]