shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年11月11日

○息子との面会

 私には一女三男の子どもがいます。もうそれぞれ大人になってそれぞれの道を歩んでいますが、幸せなことに4人の子ども全員が県内の職場であるため県内に住んでいます。しかし子どもたちはそれぞれの仕事が忙しく、子育てで休職をしている娘を除けば三人の男の子は男というせいもあるのでしょうか、中々家には帰って来ないのです。それでも長男は一人の子どもができ、来年には第二子誕生予定ということもあって、一カ月に一度は家族で泊まりに来ます。しかし看護師をしている次男は仕事が三交代と不規則なため中々帰れず、末っ子に至っては警察官のためこれまた帰るることができず、みんなが出会うことは殆どないのです。

 昨日の夜その末っ子の三男から自宅に電話が入ったらしく、年末調整の申告に生命保険の払い込み証明書が必要なので送って欲しい旨の連絡があったそうなのです。たまたま私が西条市で開かれる厚生年金受給者の集いという研修会に講師として招かれているので、少し寄り道をして持って行くことにしました。

 本当は国道11号線を通るのですが、今日は旧北条を通る海周りの道を走りました。島影織りなす瀬戸の海は、このところの寒さで少し北寄りの風が吹いてどことなく秋の深まりを感じさせましたが、島影は少し浮島現象も見られました。

 時折入る携帯電話に対応して広場に車を止めて対応しながら今治まで行きました。息子の務めている警察は私も行ったことがないのでその所在を調べるためカーナビで入力しましたが、いつも利用している国際ホテルや旧地方局のすぐ近くだけに直ぐに分かりました。警察の駐車場に入って息子に電話すると12時を少し過ぎていたためあいにく外へ昼食に出ていました。食事を注文しているので15分くらい待つよう言われたので車の中で待っていると息子は帰ってきました。昨年までは交番や派出所勤務でした。今年の春から別の仕事をしていたようですが、先月警察学校で特別な訓練を受け刑事になったようで、私服の背広姿も凛々しく働いていました。

 々警察とは言いながら職種が変わったため、その後どうなのか尋ねてみると、好きでなった仕事だけに生きがいを持ってやっていると胸を張って答えてくれました。親としてとても頼もしくそれでいて嬉しい面会でした。妻から預かった書類を渡し、私も次の予定の時間が迫っていたので僅か5分くらいの立ち話で警察の駐車場を出て海岸沿いの道を西条に向かって走りました。

 三男は、大学を卒業して直ぐに民間の会社に就職しました。そこの会社は果樹の選果機製造メーカーでしたが、愛媛県下を揺るがす入札問題で経営者も変わり、技術者として働く意欲がなくなったようで、思い切って転職の道を選び、子どもころからの夢であった警察官になるために猛チャレンジし、幸いなことに社会人枠で憧れの警察官になったのです。妻は危険な仕事だからと大反対でしたが、「警察官が一番安全」という訳の分からない言葉の説得で夢をつかんだのです。


 子どもが4人も入りと子育ては上手くいって当たり前、下手をすると子どもと親の断絶があるものですが、幸せなことに優しい子どもたちに育って人様のお役にたっているのです。官舎に入っての一人暮らしは大変だろうと思いますが、当の本人はいたって気楽なようで極楽トンボを決め込んでいるようです。今年の正月は日勤になったので帰れるかも知れないと別れ際に話してくれました。


  「私服にて 働く姿 凛々しくて いつの間にやら 大きく成長」

  「別れ際 安全運転 気をつけて 親に諭しの 労い言葉」

  「歳をとる はずだと息子 見て思う 早く嫁でも 貰ってやらねば」

  「正月は 帰れるかもと 濁らせる これも仕事が 言わせる言葉」