shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年11月3日

○栄養学の創始者佐伯矩博士顕彰記念イベント

 今日は朝から小雨が降っていて、下灘地区の文化祭だというのに何となく気の重い朝を迎えました。大体体育の日や文化の日は昔から雨が降らないものと思っていましたが、天気も時代を映す鏡なのでしょうか、少し言い伝えが合わないような気もするのです。

 先日えひめ地域づくり研究会議の運営員会の折、標記の研修会をやる旨のチラシが資料の中に入っていたので、運営員でもある門田眞一さんの関わっているイベントでもあるので久しぶりにプライベートな気分で顔出し参加することにしました。しかし参加して驚いたのは私のようなカジュアルな姿で参加していた人は皆無で、皆さんスーツを着こなし、賑々しいいで立ちの姿を見るにつけ戸惑ってしまいましたが、出席した以上帰るに帰れず忍の一字を貫きつつ大恥をかいてしまいました。妻が言う「背広を着て行ったら間違いない」の諭しの言葉をけったばっかりに、さすが度肝の座った私も面映ゆい感じがしました。追い打ちをかけるように市役所の職員が「若松さん何で来ているの?」と声をかけられ、「興味があったものですから」と答えてしまいました。その人はそんなつもりで言ったのではないのでしょうが、「場違いな場所へ来たもんだ」と深く反省したのです。

 でも勇気を出して出かけてよかったと今はむしろ清々しい気持ちなのです。というのは栄養学という学問も、伊予市に深いつながりのある佐伯矩(ただす)博士のことも今まで全く知らなかったことを知ったのですから、恥は恥として水に流し、今一度人間の命の源である栄養について考えて見たいものだと、いただいた書籍類を少し読み漁りました。

 除幕した碑文には「佐伯矩博士は明治九年旧新居郡氷見村に生まれ、三歳の時。医者であった父卓爾、母シンと共に旧北山崎村本郷に移り住んだ。幼少の頃から学業成績は抜群であり、地元の鹿島小学校、桂小学校に通い郡中高等小学校から松山中学校に進学した。当時はまだ鉄道が開通しておらず、約十五キロの道を毎日徒歩で通学した。

 第三高等学校(現岡山大学)医学部、京都帝国大学医科学教室に進み、その後北里研究所で細菌学や酵素について研究、野口英世とも親交を深めた。三十歳の時、米国エール大学大学院に留学して学位を取得、父の病気のため帰国した。博士は、当時医学の付随分野としか扱われていなかった栄養学の重要性を認識し、帰国後は世界で初めて栄養学の確立をめざして尽力した。大正9年には念願の国立栄養学研究所が開設され、初代所長に任命された。

 また関東大震災による被災者、北海道・東北など凶作地への救済、恵まれない幼少年に対する学校給食など、社会に対する食育の実地指導によって栄養への関心と普及に努めた。更に更に大正十三年には、専門家を養成するために佐伯栄養学校をを創立し、多くの栄養士を世に送り出した。博士は、当時使われていた「営養」の語を健康増進の意味を込めて「栄養」に改定することを文部省に進言、大正9年からは「栄養」が公用語となり今日に至っている。博士の発想の原点は、少年時代、通学途上にあった栄誉寺の寺号だったと思われる。

 栄養学は佐伯博士によって日本で生まれた学問である。世界の国々は、博士の業績によって今日の興隆をもたらし、今や私達の日常の食生活に多大の恩恵を与えている。昭和三十四年逝去、栄養にささげた一生であった。戒名醍醐院殿榮覺矩堂大居士 墓碑は西条市氷見にある」

                平成二十年十一月三日建立

                            佐伯矩博士五十回忌顕彰碑設立委員会

(栄養寺の山門)
(顕彰碑除幕式)

(顕彰碑)
(50回忌法要と記念講演会)


 記念講演会で合田徳明さん(元愛媛県栄養士会副会長)と柳井一雄さん(東京慈恵会医科大学付属病院栄養部長)のお話を聞きましたが、短い時間ながらためになるお話を聞きました。

  「背広着て 行けと勧める 妻言葉 無視して恥を かきぬるおわか」

  「この歳に なっても未だ 先よめず 修行足りぬと 反省しきり」

  「世の中は 偉い先人 いるものよ お寺の名前 学問にする」

  「栄養の バランス話 聞いたから 今日から少し 食べ方変わる」
 


 

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. 栄養寺住職

    SECRET: 0
    PASS:
    除幕式へのご参加ありがとうございました。
    昨日は何のお構いも出来ずに失礼いたしましたことお許しください。服装につきましては、何人もの方から事前に問い合わせもあったのですが、「平服で」とお答えしておりましたので何の問題もございませんでしたよ。この顕彰碑の建立を一過性の打上げ花火に済ませず、人々の健康増進と地域おこしに役立ってくれればと願っています。栄養学には素人ですが、住職として出来るだけのことをしていこうと思っておりますので、アイデアマンの若松様のアドバイス等お力添えをお願い申し上げます。どうもありがとうございました。

コメントは停止中です。