人間牧場

〇サツマイモ掘り

 テレビの天気予報を見て、間もなく雨が降るかも知れないと思い、昨日の午後家庭菜園のサツマイモ堀をしました。今年わが家の家庭菜園には、2ヶ所サツマイモを50本ずつ作付けしました。例年は50本にするのですが、人間牧場の芋畑がイノシシに狙われそうな気配がして、その予備畑として50本植えていたのです。その読みは残念ながら見事に的中し、人間牧場のサツマイモはイノシシに全部食べられてしまったのです。これまでだと2日後に迫った子ども体験塾のサツマイモ堀収穫祭は中止にするのですが、子どもたちにイノシシに荒らされた畑を見せることも学習だと思い、あえて収穫祭をやる通知を子どもたちに発送しているのです。そのためにはサツマイモを確保しなければならず、先日公民館主事の赤石さんと二人で芋掘りをして、キャリーに2箱ゲットしているのです。

勢い良くつるが伸びた芋畑

 

 

 

 

 

 

つる切り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日は残り半分を掘りました。勢い良く伸びたつるを切り分け、持ち運びしやすいくらいの大きさにして、切ったつるを移動させました。つるの下から黒いマルチが顔を出しました。そのマルチをはがしてさあ芋掘りです。

鍬を高々と振りかざして芋掘りスタート

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 サツマイモに傷をつけないよう注意しながら、鍬で掘ると土の中から鳴門金時の真っ赤なサツマイモが芋づる方式でたくさん出てきました。天候のせいかつるのせいか、はたまた畑のせいか分かりませんが、サツマイモは近年にない大豊作で、掘り上げた芋をつるから切り離し、キャリーに入れる作業を手伝ってくれた親父も、大喜びでした。

ホラこのように大豊作でした

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2時間余りの作業で掘り上げたサツマイモはキャリー3つもありました。つるを片付けた後、早速サツマイモをポリ袋に入れて近所にお裾分けし大変喜ばれました。わが家でも仕事から帰った妻が、収穫をしたサツマイモの見事さに驚き、早速サツマイモを蒸かしてくれ食べましたが、掘りだちのサツマイモはホカホカして味も良く、お陰で夕方から屁が出て仕方がありませんでした(笑い)。
 残ったサツマイモはこれから一週間陰干しをして、発泡スチロールの箱に籾殻を入れて保存する予定です。サツマイモは無農薬な健康食品なので、これからせいぜい冬場に天ぷらや蒸かし芋にして食べたいと思っています。
 
  「菜園で 親父と二人 芋を掘る 大豊作に 満足の秋」
 
  「この芋は わが家の冬の 食料品 大事に保存 しっかり食べる」
 
  「怪我功名 少し遅れて 植えながら 何故か豊作 自然分からぬ」
 
  「掘りたての 芋を近所に お裾分け お礼にブドウ いただきました」
 
 
この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。