人間牧場

投稿者: | 2011年10月4日

〇誕生日の祝詞

 昨日の朝は、友人から携帯メールやPCメールで誕生日を祝う祝詞が何件か届きました。この歳になると誕生日は「目出度くもあり目出度くもなし」って感じもしますが、まあ素直に喜ばなければなるまいと思っているところです。祝詞を贈ってくれた人の中には元愛媛県議会議長俊成薫さんのような偉い人もいるのです。昨日は運よく午前中在宅だったので、俊成さんからお祝いの電話を受けることができました。俊成さんは今年80歳になられたそうです。電話の話題はもっぱら政治の話で、いつもながら鋭い政治批評に脱帽といった感じでした。俊成さんとの出会いは色々ありますが、特に忘れられないのは私が代表を務める21世紀えひめニューフロンティアグループが無人島に挑む少年のつどいという事業をやっていたころ、連れて行った子どもが船の間に挟まって骨折を疑い、私がボランティアとして参加していた看護婦さんと高浜まで海路を運んで、再生会病院へ運んだことが、海上保安庁に知られることとなり、大騒動が起こりました。俊成さんは海上保安協会の会長をしていたことを思い出し、何かと終息にご迷惑をかけたのです。そんなご縁を忘れることなく私の誕生日には必ず祝詞を贈ってくれるのです。

達筆な俊成薫さんから贈られてきた祝詞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もう一枚、昨日小さなハガキが届きました。高知県幡多郡大月町に住む堀充恵さんからのHappy Birthday!!カードです。堀さんも私の誕生日に毎年忘れることなくこうしてハガキを送ってくれるのです。堀さんとの出会いは多分私が高知県へ講演に行った折、講演会場で出会ったのが始まりです。以来私の町へ訪ねて来たり、私が大月に講演に行くと必ず姉妹揃って顔を見せてくれるのです。私も大月を通る度に道の駅の前に「123」という弁当屋を開業しているので、お店に立ち寄って妹さんの顔を見たりしています。堀さんは地元高校の事務員をしていましたが、今は多分退職して悠々自適の暮らしをしているようなのです。堀さん姉妹にも長い間会っていないので、出会いたいと思いを巡らせながら祝詞のハガキを読みました。

堀充恵さんからの祝詞ハガキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「誕生日 祝詞いただく その度に 目出度くもあり 目出度くもなし」

  「誕生を 祝ってくれる 人ありて 優し心根 嬉し恥ずかし」

  「嗚呼今年 また歳一つ 重ねたり 思い巡らす これからのこと」

  「しっかりと 生きよう決意 新たして 誕生の日は 今年も過ぎた」