shin-1さんの日記

○卒寿を迎えた親父

 還暦・喜寿・米寿と人生の節目を何とか通り越した親父が難関である卒寿を無事迎えました。本当はそれらの節目は数え年で迎えるので、既に昨年迎えているのですが、9月1日の誕生日で正真正銘の満90歳になったのですからお祝いです。親父は大正7年9月1日に生まれています。なくなった祖母の証言だと、昔は乳幼児の死亡率が高くて、誕生しても2年間は戸籍を入れなかったそうで、親父の誕生日は入籍した日となっていて、誕生日とかなりの開きがあるようですが、祖母も亡くなった今ではその詮索も叶わず、今は戸籍に書かれた誕生日をを信じる以外ないので90歳にしておきます。

 親父は私が高校を卒業して専攻科に進むと決まっていた若い頃、突然ガンにかかりました。鼻ガンというかなり難しい難病でした。顔の形が一変するほど頬骨とあごの骨を取り、手術後3ヶ月間は喉に開けた穴から流動食を入れていました。見舞いに駆けつけた集落の殆どの人が、「あの様子じゃあ正月が越せない」と噂をしていました。勿論医者も長くて1年と本人には知らせず、こっそり私や母に告げていました。食事が喉を通るようになると毎日家族の誰かが親父の好きな「鯛の刺身」を入院先の県立中央病院に差し入れしましたが、何がどう良かったのか、同じような病気で入院した他の患者が次々死んで行くのに、親父は主治医も驚くほどの回復をみせ、無事退院しました。しかし目を支えている台座の頬骨を削っているため片方の目が見えず、片目ゆえ遠近が分らず何度も転んで足や手には無数の擦り傷が出来ましたが、病気は順調に回復し1年、3年。5年、10年という再発の目安もクリアして、何と手術後45年年間も生き延びているのですから驚きです。

 数年前おやじの手術をしてもらった主治医の佐藤先生にロータリークラブの例会でお会いしました。例会の卓話を頼まれてお話に行きましたが、私と親父のことは先生はよく覚えておられて、不思議なご縁や親父のガンの完治についてもお話をしたものです。

 親父は12人兄弟の長男に生まれ、子どもの頃から漁師として働き続けてきました。また2度も戦場に赴き辛酸をなめています。昔はどの家も貧乏で、ご多分に漏れずわが家も赤貧洗うが如き貧乏だったようで、若くして亡くなった祖父に変わって長男の親父は全ての兄弟を嫁がせたり独立させたしました。

 70歳で生業の漁業を辞めて陸に上がるまでは腕のよい鯛網漁師として活躍し、陸に上がってからは母と二人でつつましやかな隠居生活を営み、生来の器用な腕を生かして船の模型を造り、わが家の敷地内に私設海の資料館「海舟館」まで設置して多くの人を迎え入れているのです。

 親父は今も私たちと同じ敷地内に一戸建ての隠居を構え味噌汁の冷めない距離で暮らしています。90歳になったとはいえまだまだ元気で、その元気さは7キロ先の診療所まで自転車で往復する健脚ぶりで、周りの人を驚かせています。

 親父は仕事しで毎日欠かさず家の横の家庭菜園に出て野良仕事をしています。几帳面な性格そのままに家も菜園もきちんと片付いていて、野暮な性格の私はいつも叱られています。

 多少耳が遠いだけの親父で、腰が悪いとか色々いっていますが、まあ元気で卒寿を迎えたのですから親父には感謝しなければなりません。

 問題はこれからです。今のところ親父の食事の世話は妻がしていますが、やがて足腰が弱ると寝たきりになることも覚悟しなければなりません。その予防として毎朝往復2キロの散歩を欠かさないようですが、最近はさすがに「歩くのが疲れた」と弱音を吐くことがあります。それでも歩かないと寝たきりになると思っているのか、今朝も元気に散歩から帰って、朝飯はパン二切れですから食欲も旺盛です。

 親父は身体障害者なので扶養していますが、私の所得税はいつも親父のおかげで減税で随分助かるのです。私の車も親父の病院通院に使う回数が増えてきました。そろそろ身障者用のステッカーを貼らなければならなくなりました。

 いると口うるさいように感じる親父ですが、何時までも長生きして欲しいと願っています。

  「長生きが 信じられない ほど生きて ガンを克服 卒寿迎える」

  「親父まで 生きるとすれば 先長く これからどんな 生き方するか」

  「九十の 年輪刻み 生きてきた 名もなき等し 親父に勲章」

  「喜寿米寿 卒寿と生きて さて次は 白寿目指して 頑張れ親父」 


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。