shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年4月29日

○珠算教育連盟からの講演要請

 私が講演に出かける度に妻は「お父さん今日は何処へ出かけるの?」と聞きます。その度に「今日は○○という団体(会社)に頼まれて講演に行く。帰りは○○時頃だ」と答えます。すると妻は追い討ちをかけるように「えっ、そんな団体(会社)に何を話すの」と聞き返します。再び私は「呼ばれたのだから仕方がない」と捨て台詞のような形で妻の追い討ちを断ち切るのです。

 今日もそうでした。「お父さん今日は何処へ出かけるの?」と聞かれました。私が「今日は全国珠算教育連盟愛媛県支部に招かれて行く。帰りは午後4時過ぎだ」と答えました。すると妻が追い討ちをかけるように「えっ、珠算連盟に行ってあなたが何を話すの?」と聞き返しました。再び私はいつものように「呼ばれたのだから仕方がなかろうが」と答えました。それでも妻は私の浅学非才を心配してか、「よくそんな所で話をするね」と呆れ顔でした。何度もそんな事を言われると「まてよ、私の話でいいのかな」なんて不安が過ぎりますが、それでも一度引き受けた仕事ですから穴を開ける訳にはいかないのです。妻の磨いてくれた靴を履いて「行ってらっしゃい」の言葉を背に受け出かけました。

 このところ、松前町にオープンしたエミフルという商業施設のお陰で、国道56号線が渋滞気味で時間が読めないため、少し早く出発しましたが、松山市内が祭日で空いていたためほぼ時間通りの到着となりました。

 今日の会場は久しぶりに愛媛文教会館エスポワールです。教育行政に携わっていた頃は頻繁に利用した施設で馴染みの職員もいますが、玄関に入るなり「お久しぶりです」と声を掛けてもらいました。あらかじめ到着時間を知らせていたので会長さん以下役員の方に玄関で出迎えてもらい食事までご一緒しました。

 今回は新聞社に勤める三瀬さんの紹介と三瀬さんの奥さんのお世話で招かれました。故に三瀬さんご夫妻に「恥をかかせてはならない」という、気負いもありました。また奥さんから「スライドでもご紹介を」と暖かいお誘いを受けていたものですから、いきなり紹介のつもりでDVDまで流してもらい、すっかり和やかな雰囲気で進行したのです。(実は今日予定していたのは双海町を紹介するスライドの予定でしたが、会場について手元のケース内を見るととんでもないDVDが入っていました。少し慌てましたが、ジタバタしても仕方がないのでさも用意周到なように見せかけ、そのDVDを流してもらいました。誠に失礼しました。

 私は元来、あらかじめレジメを作ったりしないため、その場の雰囲気に応じて話す癖があり、話が終わって帰ってからも、「はて私は今日どんな話をしたのだろう?」と思い出せないくらいなのです。でも会場の反応は上々で、「まあ、良かったか」くらいの自己満足をしているのです。

 今日は天候もよく、穏やかな初夏の日差しが照り注ぎ、部屋の中で過ごすのが勿体ないくらいに感じました。90分の講演を終り、勿体なくも謝辞までいただきました。謝辞に立たれたのは四国中央市の方で、今年2月17日に川滝公民館女性のつどいに招かれ講演した様子をケーブルテレビで見て、楽しみにしていたとの事、汗顔の至りです。それでも今日は何となくほのぼのとした集会でした。

 帰ると妻が「どうだった」と聞きました。「うん、ええ会じゃった」。「それは良かったですね。一安心です」と労をねぎらってくれました。

  「何処へ行く 講演に行く 何時帰る 終われば帰る いつも同じだ」

  「そんなとこ 浅学私 心配し 行くなと止める 妻の心配」

  「ケーブルで あなたの姿 見てました 会うの楽しみ 終わって言われて」

  「まあいいか 自己満足も 必要と 自分自身に 納得させて」


 

[ この記事をシェアする ]