shin-1さんの日記

○熊野古道寄り道③

 那智勝浦での夜は美味い物を食べようと小粋な郷土料理の居酒屋に繰り出しました。那智勝浦といえばマグロといわれるようにマグロの水揚げの多い港町です。その夜の料理は刺身を始め満足のいく海鮮皿鉢料理に舌鼓を打ちました。特に大きなアワビの刺身やカツオの刺身は絶品で、旅先の寄り道にしては何とも嬉しい誤算でした。


 14人の一行のうち女性を含めると6人までがウーロン茶組とあって多少盛り上がりに欠けるかと思いきや、お店の人まで巻き込んで楽しい宴会となりました。28年もグループを続けていると思い出話も尽きることはなく、和歌山の友人森さんが加わっていたこともあって話が弾みました。





 早朝5時半、私たちは思い思いにそっとホテルを抜け出し、目と鼻の先にある勝浦漁港の魚市場へ散歩のつもりで出かけました。東の空が明るくなる頃には殆どのメンバーが姿を見せ、魚市場に次々と水揚げされるマグロに圧倒されながら市場内を歩きました。ここへ上がるマグロは近海物が多く少し小ぶりなビンナガマグロが多いようでしたが中には100キロを越えるキハダマグロやカジキも水揚げされていて、既に品定めする仲買人がいいマグロを求めていました。



 次々と水揚げされるマグロを見ながらふと私は、愛媛県立宇和島水産高校の練習船愛媛丸で遠洋航海に出た若き日のことを思い出しました。私は18歳の時愛媛丸に乗ってオーストラリアの近くにある珊瑚海までマグロ延縄実習に出かけているのです。その時の漁獲物は全て基地である神奈川県三浦三崎漁港に水揚げしました。この日と同じような時間にマグロを水揚げしたのです。勝浦漁港には数隻のマグロ延縄漁船が入港していましたが、若い船員の殆どは東南アジア系の人で、たどたどしい日本語で会話しながらマグロを水揚げしていました。


 早朝の足湯をしたり、市場内に出しているお店で買い物したりしながらゆったりと時を過ごし、ホテルで簡単なサービス朝食を取りました。昨夜の料理が美味過ぎて多少食べ過ぎていたためこのくらいで十分な量でした。

 普通だと、対岸に見えるホテル浦島のような大きなホテルに泊まるのでしょうが、温泉地に来ながら安いビジネスホテルを選ぶのも旅の面白さです。市場で5枚千円のスルメイカの一夜干しを買い求め、店のおばちゃんの七輪で焼いてもらって食べている風景はまさに旅行ではなく旅のようでした。少し時間があれば8時まで待ってマグロを買い求め宅配便で送ることも考えましたが、魚所の双海町ですからそんな必要もなく、市場近くのホテルを後にしました。

  「国訛り 聞きつつ箸を 運ぶのも 旅の思い出 居酒屋暖簾」

  「水揚げの マグロ居並ぶ 漁港にて 若き思い出 昨日のように」

  「安上がり 旅ゆえホテル 遠望で 行った気にさせ 早立ち先へ」

  「どちらから 四国愛媛と 名乗りあい 見知らぬ相手 まるで友だと」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。