shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年4月2日

○剪定枝木の焼却

 先日から人間牧場のそこここに植わっている杉の木の剪定を行なっています。この杉の木は元々みかん畑だったころの防風垣だったもので、一度は芯をを止められたものなので、杉といえば連想する二等辺三角形とは全く異なり、いびつな形をしています。人間牧場を始めた時、全て切ろうと思っていたのですが、切るのはいつでも切れると、眺望を遮りから切った方がいいという友人のアドバイスにも耳を貸さず残しておいたものなのです。緑とは有り難いもので、その後周辺の雑木を取り除いたため、杉に木に日が当たるようになり、すっかり様になっているのです。しかし散髪もしないのではそれこそみっともないと、下枝を剪定しているのです。

 今日は無風で穏やかな天候だったので、孫を連れて人間牧場へ行き剪定した枝葉を焼却処分することにしました。うず高く積まれた枝葉をまだ植え付けしていない芋畑へ積み上げ、周りに類焼しないように気を配って下から火をつけました。杉葉は勢いよく燃え始めました。火力が強くなった所へ、3年前に開墾した時潅木を薪用に畑の隅へ積んでいたのを寄せ集めて焼却です。火力は益々強くなり、午前中で殆ど終りました。

(煙も火も珍しい孫は有頂天です)
(孫に撮って貰った私の記念写真)

 孫も5歳なので足手まといながらそこそこ手伝いの力になって、枝葉を運んできては火の中へ面白そうに投げ込んでは楽しんでいました。近頃の子どもにとって焚き火を見るのも、自分で火の中へ薪を入れるのも、ましてや火の熱い勢いやパチパチと音を立てるのも初めてとあって、かなりテンションが上がっていました。

 やがて昼の音楽サイレンが鳴り、例によって妻の作ってくれたお弁当を広げ、二人で楽しい昼食を食べました。そして孫と2階のロフトに上がって、畳一畳ほどの場長室に入って一時間余り午睡をしました。

 午後は草刈りですが、年代物の草刈機なので、始動の度にエンジンがかかるかどうか心配するのですが、今日も絶好調です。ただし草刈機の刃が切れなくなっていて、そろそろ替刃に変えねばと思っています。今はまだ草丈も低いので、石などにぶつけて刃を駄目にすることが多いので、もう少し使ってから替えたいと思っています。春になると人間牧場も仕事が山ほどあって、孫の面倒を見る余裕は余りないのですが、それでもこの時期しか孫とのふれあいもないだろうと、無理をして相棒の面倒を見ています。

 今日は水平線の家の玄関に踏み石を一つ置く作業もしました。穴を掘り、そこに切り石を置くのですが、これまた孫が手伝うといってチョロチョロするのです。危ないといっても聞かず、孫の仕事を作ってやって、砂利を運ぶ作業をさせました。やっと終わると「おじいちゃん、僕が手伝ったから早くできた」と大威張りです。

(孫と一緒に作業し完成た飛び石)

 人間牧場界隈は今やぶ椿が見ごろです。桜もそこここ咲いて、人の目は桜に移っていますが、この頃のやぶ椿の花も趣きがあって、私は大好きです。まったく人の手の入らない自然のままのやぶ椿の花が、これほど美しいと感じたことはないほど、今年は特に美しく咲いていました。どうです。この見事な姿。思わずうっとりしてしまいました。今はメジロやウグイスが椿の蜜を吸いに沢山やって来て、時には直ぐ側でホーホケキョと鳴いてくれるのです。「おじいちゃん、キジが鳴いている」。人間牧場常連の孫は、「ケーン、ケーン」と鳴くかん高いキジの鳴き声を聞き分けれるようになったのです。孫のリクエストに答え、団子虫を10匹ほど捕まえて家に持ち帰りました。妻の土産にとツワブキまで収穫して帰りました。


(今が満開、見事なわが人間牧場のやぶ椿の花)

  「春休み 私本当は 骨休み したいけれども 孫が重荷で」

  「春椿 見事に咲いて メジロ来る 桜もいいが 名残椿も」

  「切石を 据える作業に 手足出し 足手まといの 孫と二人で」

  「火や煙 珍しいのか 近寄って まるで雲だと 追いかけ蒸せる」

[ この記事をシェアする ]