shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年7月28日

○追突事故

 それは一瞬の出来事でした。今日は東温市で開かれる緑の少年団の研修会に招かれ、会場を目指して県道伊予ー川内線を走り砥部町交差点に差し掛かった時です。いきなり後からRV車が私の車の後にドスーンと追突してきたのです。交差点近くの渋滞地帯なのでそんなにスピードを上げていない場所であるため、不幸中の幸いというべきか、車の後は大破しましたが外傷もなく直ちに眼鏡屋さんの駐車場近くに私の車と加害者の車を寄せて、ひとまず加害者が110番して事故の報告と事故処理を依頼しました。相手は砥部町の女性でしたが、訪問介護のヘルパーの仕事をしているらしく、急いでいたしわき見をしていたと私に平身低頭で謝りました。ことの重大さに動転して興奮気味でしたので、落ち着いて話すよう諭しました。私は講演が迫っていたし後が痛んだ車では会場へも行けず、妻の職場に電話してつい目と鼻の先にある車ハウス砥部という自動車屋に電話をしてもらいました。私の携帯電話中に救急車が前を通りかかったため、「事故に遭った」と告げると携帯に救急車のけたたましいサイレンが鳴ったため、妻の動転も大変なものでしたが、落ち着くように告げて電話を切りました。

 やがてパトカーと事故処理者が相次いで到着し、聞き取りと現場検証が始まりました。聞くところによるとこの方は最近離婚し車の任意保険もかけてないないようで、気丈に「全ての責任は私にあるのですから」といいつつも、お金のことが気になるようで、おっつけ来た修理やさんに「幾らぐらいいるのでしょうか」と陰で聞いていたようです。私は被害者なので警察の聞き取りも簡単でしたが、私の首筋が少し重たいようなのでとりあえず病院へ行くよう勧められました。病院へ行くと加害者は被害者に障害を与えた事になるので刑事罰は免れないと担当の警察官は厳しくいいました。こんな場合加害者が被害者になる事例は何処にでもあることなので、いっそ何処も悪くないと言いたかったのですが、もしムチ打ちにでもなっていたらそれこそ大変なので、ここはグッとこらえて病院へ行く事を相手に告げました。相手の方も是非そうして欲しいといわれたのですが、私はこれから講演をしなければならないし、加えて今日は週末の土曜日で講演が終わってからだと病院は何処も休診で、病院は月曜日も火曜日も予定が入っているので、2~3日後となってしまいそうなのです。まあ様子を見てみようと思っています。

 代車を借りて講演会場へ向かいましたが、警察官が到着する間と現場検証の間は炎天下で30分もの長い時間となって、汗でシャツもびっしょり汗をかいてしまいました。どうしようかと思いましたが、着替えも持たず、ましてや今日に限って財布も忘れてまさに女時の一日となってしまいました。

 近くのスーパーに飛び込みシャツとパンツを買って近くの温泉に飛び込んでさっとひと風呂、お陰様で汗臭い姿はさっぱりして会場入りしましたが、とんだハプニングでした。

 交通事故は他人事だといつも思っていました。ところが被害者ながら当事者になった気分は最悪です。現場検証を他人事として横目で見ながら通りすがる車の視線の何と冷たいことか、また知り人は私が加害者として事故を起こしたものと勘違いし、節目がちで気の毒そうに走り去って行きました。多分今晩あたりは「若松の進ちゃんは砥部の入り口付近で今朝事故を起こしていたようだ」と酒の肴になっていることでしょう。

 まあ何はともあれ加害者には悪いのですが私としては驚きの一日となりました。皆さんくれぐれも交通事故にはご用心。

  「知らぬ間に いきなりドーンと オカマされ 車痛んで 首筋ちょっと」

  「事故などは 他人事だと 思ってた 後ろに目がない どうにもならぬ」

  「加害者も 今頃被害者 なりにけり 自分言い分 言いたいけれど」

  「都合よく 修理屋近く 来てくれて 代車サービス お陰で間に合い」 

[ この記事をシェアする ]