shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年7月14日

○妻の若返り

 このところ頭に白髪が目立ち始めた妻は私に、「お父さん頭を染めようか」と口にするようになりました。日本人の女性が茶髪に染めていることに批判的な私は、「そのままがいい」と余り乗り気でない返事を繰り返していましたが、昨日外出から帰ってみると、妻の髪の異変に気がつきました。茶髪ではないものの目立っていた白髪が消え黒髪に変身しているではありませんか。「お父さんどう」とポーズまでとって変身ぶりをアピールする妻に「頭だけが若返ってどうするの」と冷やかし半分な言葉を返して夫婦で大笑いしましたが、女性は幾つになっても若くありたい、美しくありたいと思うものだとしみじみ妻の頭を見て思いました。先に仕事から帰っていた次男にも「一生君どう」とさりげなくポーズをとったそうですが、次男は母親の頭の変化にまったく気付かず、妻が「頭を染めてみた」と説明しても「ふーん」くらいの素気ない返事だったそうで、妻は落胆の様子でした。「頭だけが若返ってどうする」とけなした私の方が次男の反応よりよかったため、「やっぱりお父さんじゃわい。私の頭が綺麗になったのを直ぐに感じてくれた」と逆に私の株を持ち上げました。

 最近気になって仕方がないのですが、やはり「その考えは古い」と妻がいうように私の考えは古いのでしょうか。日本人の髪は「髪はカラスの濡れ栄えで」なんて言葉そのままに、黒髪が一番だと思うのですが日本全国の巷では総茶髪といわれるほどに茶髪の人が多いのです。ある外国人の友人が「日本人は何故茶髪に憧れるのかしら?」と私に漏らすほど日本人の黒髪に対する意識は大きく変化してきました。それでも世の中の流行とは恐ろしいもので、役所へ初めて茶髪の女の子が入ってきた時はみんなが目をパチクリさせながらその子の事をやれ「役所に相応しくない」とか、「役所を何と心得ている」なんて陰口をあれやこれや言ったものです。それがどうでしょう今では茶髪常識、むしろ黒髪の方が肩身の狭い思いをするような社会になったのですから分らないものです。今では男性も髪を茶髪に染めて平気で役所にやって来る時代になりました。

 私は茶髪が悪いというのでは決していうのではありません。私の家内のように白髪が多くて気にする女性だっているし、髪はファッションの一部ですから美しくありたいと思う女性の願いはよく分るのです。しかし人がするから自分もするという横並び現象はいただけないのです。親が横並びだと子どもも横並び、当然学校には校則があって先生と生徒のいたちごっこに頭を痛めている学校は枚挙に暇がないようです。

 妻の染めた黒髪を見て、私は自分の顔を歯を磨きながらまじまじと見てみました。顔の構造は相変わらずですが、いつの間にか私の頭にも白髪が目立つようになってきました。それでも出会った人は「若松さんの頭は白髪が殆どありませんが染めているの?」といわれるほど白髪は少ないようです。散髪屋さんも「若松さんは年齢から見ると白髪が少ない方だ」と褒めてくれます。妻に「お父さんも染めてみたら」なんて冷やかし言葉を言われましたが、髪に対する偏見を変えなければなるまいと思った次第です。

 でも私は黒髪が好きだし、少しロマンスゲレーになった妻の髪も素敵だと思います。今更髪だけ若返っても仕方がないと、「お前の髪は私に合わせた方がいい」と今朝もいってやりました。

  「髪だけが 若くなりたる 妻姿 出腹どっしり そこを何とか」

  「世の中は 変ったものだ 茶髪増え まるで外国 黒髪少数」

  「一番に 妻の変化を 見抜きたる 俺はやっぱり あんたの夫」

  「本当は 綺麗と言って 褒めたいが 直ぐに図に乗る 後が怖くて」

[ この記事をシェアする ]