shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年7月12日

○婦人教育指導者地区別研修会

 今日は今治市で開かれた婦人教育指導者地区別研修会に招かれました。はっきりしない梅雨空を気にしながら山の中を縫うように走る国道317号線を走りました。松山市の郊外にある温泉地奥道後を過ぎると石手川ダムがあります。10日程前までは貯水率が前年を下回りダムの湖底まで見えていたのに自然の力は偉いもので、ここ数日間の雨によって満水に近いほど水量が戻っていて、まるで別のダムではと思うような変貌ぶりでした。しかし川から流れ込む水のせいか湖面はかなりのゴミも浮遊していて、これが松山市民の飲料水になるのかと思うと少々不安になって、簡易水道といいながら私たちの町の水の方がよっぽど綺麗だと思いました。多分この水は塩素消毒されて各家庭に配水されるのでしょうが、塩素は体内に入っても大丈夫だと分っていても、やはり気になるところです。

 国道の入り口が石手川ダムなら出口は玉川ダムです。このダムは今治地方の水源になっていますが、南予や中予の降雨量に比べ東予地方の今年の雨量は少なかったようですが、それでもここに来て雨量が増えて、このダムも湖面が随分広がって、今年の夏はどうやら持つのかなあと思ったりもしました。

 女性の研修会に行くのにはやはり台所問題や環境問題は意識の隅に置かねばならず、そんな気持ちもあってダムの水をを気にしながらの会場入りとなりました。会場には沢山の女性が集まって分科会の最中でした。賑やかなそれでいて熱心な女性の喋り声が今治市中央公民館の会場にこだまして、まるで蜂の巣をつついたような賑やかさでした。早速心のこもったお茶や昼食弁当をいただきました。午後は地元女性たちの踊りがアトラクションとして披露され、うっとりと見とれてしまいました。さすが女性パワーは違いますねえー。

 私の話は「女性が輝くまちが輝く」というタイトルでしたが、会場には先日お邪魔した四国中央市連合婦人会の面々の顔もちらほら、しかもその講演内容が地元新聞に大きく取り上げられていたことを講演直前になって思い出し、急遽内容を変えるハプニングとなりました。それでも1時間10分余りの持ち時間を余すことなく使いきり役目を果たすことができました。

 私が話す相手はゆりかごから墓場までと言われるように子どもから高齢者まで様々ですが、やはり今日の聴衆のような年代が一番話しやすく、打てば響く反応は会場を揺るがすほどの大迫力でしたし、確かな反応を感じました。

 近頃婦人会が危ないと色々な場所で聞きますが、どうしてどうして先日の四国中央市といい、今日の東予地区といい捨てたものではないようです。東温市から出ている県連の山本会長さんとお話をしたのですが、中予や南予は少し湿りがちだといったら、先日の中予研修会も300人も集まったそうで失礼な話をしてしまいました。どうやら婦人会の斜陽化は双海町の問題だったようです。失礼致しました。

  「このような 汚れたダムの 水を飲む 消毒するから 余計心配」

  「一人だと しとやか女性 大人数 笑い転げて 入れ歯ガクガク」

  「まちづくり 女性主役の 時代です 男は家で 留守番程度」

  「共感を 受ける話を する私 賞味期限の 過ぎた年代」 

 

[ この記事をシェアする ]