shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年7月9日

○西条からのお客様

 今日は雨が降ったりやんだりと梅雨特有の天気で、視察研修の受入日なのに濃霧まで出て、やきもき、もやもやの一日となりました。最近はシーサイド公園見学と私の話をセットにした視察依頼に加え、人間牧場の見学までも加わって大忙しの日々です。視察を希望する皆さんはこちらの都合や人間牧場がどんな場所にあるか余り考えず簡単に視察メニューに加えられますが、人間牧場への案内はそれ相当の覚悟がないとこれないのです。

安直な人は私のそんな電話やメールの説明に、「若松さんが都合が悪いのであれば勝手に自分たちだけで伺いますので場所を説明してください」と開き直ります。私が「口では説明できません」というと、「じゃあ地図を送って下さい」と食い下がられます。「詳細な地図がないので地図でも説明が出来ません。たとえ地図があっても山道が縦横無尽にあって迷われますので止めた方が賢明です」などと付け加え、やっと諦めるという有様なのです。

 今日も西条からお客様がやって来ました。事前に電話とメールのやり取りでそのことを伝えましたが、どうしてもということでマイクロバスに乗ってやってこられました。マイクロバスの20人乗りだと、私が日ごろ通る近道はまず駄目で、県道を迂回しなければなりません。さらに市道を走って人間牧場の近くまで来れるものの、そこからは農道と私道を歩かなければならないのです。特に今日のような雨の日だと坂道を歩くのはこちらも心配で、「何で私たちが歩かなければ・・・」とか、「もっと道を広げたら良いのに・・・・」とかいう言葉が返ってきそうで、こちらのモヤモヤが募るのです。こちらが頼んで来てもらうのではないのですが中にはそんな人もいるようです。

 でも今日の方々は青少年の指導者らしく、そんな考えや行動は微塵もなく整然と、それでいて終始熱心に付き合っていただきました。それでも雨模様や下草が濡れているためツリーハウスへは案内できませんでした。私が魚梁瀬杉の切り株高座に上がって少しお話をした後質問形式でやり取りをしました。みんな熱心でさすがにいい指導者だと感じました。残念ながら濃霧のため視界が利かず人間牧場自慢の眺望は見えず終いで水平線の家を後にしました。

 7月5日には旧友寺戸一朗さん率いる島根県益田市真砂公民館の面々が視察研修に来られましたが、私は残念ながら佐賀県へ出張中で、漁協女性部の方々との交流をして人間牧場見学のリクエストに応えることが出来ませんでした。寺戸さんからはお礼の電話が入りましたが、済まない気持ちでいっぱいです。

 人間牧場も相変わらず草の成長は旺盛で、一昨日やって来た明浜の原田さんからは仲間を集めて草刈り十字軍の手助けをしたいと申し出がありました。その日はあいにく予定が入っているようなので有り難くも断らざるを得ないようです。

 まあ人間牧場もこうして人々の注目を集め、私の目標である「心の解き放ち」を求めてやって来る人たちにいささかなりともお役に立てれば幸いです。

 昨日人間牧場のある地元の人に会いました。「ご苦労様です。ほんの少しですが食べてください」と出始めで高価なハウスみかんを袋にいっぱいいただきました。また自分で絞ったというハウスみかんジュースまで・・・・。

ありがたいことです。

  「牧場に 来る人あるも 五里霧中 見えぬ視界は 心に似たり」

  「雨の中 坂道歩く 人たちに 雑談しつつ 私マジック」

  「初鳴きに 気がつき辺り 見渡しぬ いつの間にやら 夏風そよぐ」

  「人もなし ただ黙々と 時刻む 山家の時計 止りもせずに」


[ この記事をシェアする ]