shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年7月2日

○車じゃ近いが歩けば遠い

 私は現職の若い頃、よく酒を飲みました。多い時は仲間4人で飲み始め、家の横に造っている私設公民館煙会所という4畳半の部屋の周りに飲み干したビール瓶を並べて行き、最後はついにビール瓶に囲まれて終えたという武勇伝も残っているほど無茶飲みしたものです。そのつけか後遺症か分りませんが健康上の理由で酒を止めなければならない羽目になってしまいました。深く反省しつつも後悔先に立たずといった諺を思い出すこの頃なのです。

 酒をよく飲んでいた頃は松山からわが家のある双海町まで25キロもあるのに、年に4~5回呑んだ勢いで歩いて帰ったりしていました。背広に革靴、しかも寄った勢いの無茶は、歩くほどに酔いがさめ「何てバカの事をしたんだろう」と歩きながらよく反省をしたものです。特に伊予市と双海町の間には三秋峠という追いはぎも出そうな急峻な峠があって、勾配もきつくヘトヘトになりながら歩いて帰ったものでした。双海町の高野川という海沿いから伊予市の出会いの橋までは車で走れば5分そこそこなのですが、歩いてみると結構長くてきついのです。

 昨晩9時半ごろわが家に電話がかかってきました。私はパソコンに向かってブログを書いていましたが、電話に出ると家にいるはずの妻の声です。「お父さん向けに来て」と悲壮な声なのです。妻は夕方「今晩帰る」と電話で言ってきた三男のために急遽思いついて伊予市のスーパーへ「ちょっとそこまで」てな感じで、私にも告げず自分の車で買い物に出かけたようです。買い物を終えて帰る途中の三秋峠の頂上付近で車が突然エンストしてしまい、動くに動けぬ状態となりました。妻はあいにく携帯を持たず出かけたものですから結局暗い夜道を公衆電話のある伊予市向原まで引き返し、自宅への電話と相成ったのです。私は早速取るものもとりあえず車で「救出「に向かいました。三秋峠を少し下りた国道に妻の車は乗り捨てていました。その車をそのままにして妻の元へ走ったのです。不安な気持ちと疲労困憊で私を持っていた妻は助け舟に乗り込んで元の道を引き返し、エンストした車を手で押し邪魔にならないよう路側帯に止めてロックし放置しました。日曜日の夜のことゆえ加入のJAFに連絡することも出来ず、結局は今朝の処理となるようです。

 昇り始めた満月の月を見ながら歩いたと述懐する妻の言葉は「来るまで何気なく走る道も歩けば遠いのね」でした。「ごめんなさい」と謝る妻は「今度からは出かける時携帯を必ず忘れない」「サンダルで出かけたけど今度からは靴を履いて外出する」などと反省の弁しきりでした。

 10時過ぎ警察官の息子が帰ってきました。わざわざ買出しに出かけハプニングの中で買った食材で妻は久しぶりに帰ってきた息子に心からなる手料理を作り食べさせていました。駐在所勤務の息子は「やっぱりおふくろの味は美味しい」と盛んに持ち上げていましたが、独身自炊のためか少々痩せた感じのする息子も反面逞しくなったような気もしました。

 降って湧いた妻が起こしたちょっとした騒動に、「まあこれくらいの出来事でよかった」と胸を撫でながら、風呂に入り妻と同床の人となりました。さすがに余程疲れたのか妻は軽い寝息のようです。

  「車では たった五分の 短さも 歩く夜道は さすがに遠く」

  「月を愛で 夜の散歩と しゃれ込むが 公衆電話 行けど何処にも」

  「夜道にて 歩く人有り 徘徊と 間違われそう 初老妻見て」

  「置き去りに したあの車 今頃は 寂しく一人 一夜過ごしぬ」

[ この記事をシェアする ]