shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年4月28日

○大型連休スタートを前に

 毎年この頃になると大型連休が話題になります。明日から5月7日までの7日間はゴールデンウィークと呼ぶに相応しい休日です。サラリーマンだった頃でも、まちづくりを担当していたため何かとイベントを計画したり集客施設にとってこの時期はかき入れ時だったこともあって、殆ど休日らしい休日はありませんでした。それでも家族のことを考えて一日程度の休みをどう使おうかと思案したものでした。今その煩雑にして責任の重かった職責から開放されてしまうと、これまた何処へ行くあてもなく只今何の計画も持っていないというのが正直なところです。薄くなった財布の中身を懐にしながら、私にはよくよく休みとは縁のない人間なんだとしみじみ思う今日この頃です。今年は5月1日と2日を休めば9連休の所もあるそうで、この日数だと海外旅行も決して夢ではないのです。

 長男夫婦は長男の嫁が日曜日以外は仕事なので連休とは無縁のようです。娘夫婦は例によって大阪の実家に孫を連れて里帰り、末っ子は警察官なので勤務、次男は相変わらず貧乏な看護学生ゆえ趣味の演劇練習ぐらいでお茶を濁すようです。さて私たち夫婦は久しぶりにのんびりと思っていたのですが、弟の家の孫初節句、昨年亡くなった叔母の一周忌法要、町内会の催しと相変わらずの雑事に追われ、加えて妻がこの一週間ほど帯状疱疹とかで痛みがひどく風呂も止められるほどの難病に顔をゆがめながら休むこともなく勤めていたので、この連休は骨休みしなければならず、散々な連休のようです。加えて親父が今朝布団を上げていてぎっくり腰になり、杖をつかねば歩けないような雲行きです。まあ救いは私が比較的元気なので、少し畑いじりや家の周りの掃除でもしようと心に決めています。

 昨日やっと二本の原稿書きが終わってメールで送ってホッとしたなと思ったら、今日も二本の原稿依頼がメールで舞い込みました。連休中は講演活動もストップなので原稿執筆快諾のメールを送ってしまいました。いずれも2000字足らずのショートな原稿ですから連休中に書き上げて送れるものと鷹を食っていますが、このところブログに少し傾注し過ぎる感があるので、連休中は一日2本ぐらいでブログの原稿も留めたいと思っています。連休をワクワクした気持ちで迎える人が多い世の中で、連休無縁の私にとって連休は何だか遠い世界のように感じられます。

 今日電話が数本入って連休中に人間牧場へお邪魔したいという人が何人かいました。その人を人間牧場に案内すると、ゴールデンウィークどころかブラックデーウィークになりかねないとはある人の忠告でした。せめて忠告どおりゴールデンウィークくらいは自分の自由時間に使いたいとも思いました。

  「今年また 無縁ウィーク やって来た 煩わしくて 何処か逃げたい」

  「妻親父 床に伏せがち ひっそりと いやゆっくりと 骨を休める」

  「この季節 わが家の庭も ツツジ咲く 近所の人が 愛でに集まる」

  「連休も こうも続くと 骨疲れ 折角貯めた 財布が空に」  

[ この記事をシェアする ]