shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年4月23日

○パズル遊び

 「おじいちゃん、パズル遊びをしよう」とひさしぶるに訪ねてきた孫にせがまれてパズル遊びをしま下。残念ながら私はこんな神経が衰弱するような遊びは大の苦手です。孫の遊び道具の一つにパズルがあります。まだ3歳なのでそんなに多くの枚数での遊びではありませんが、それでも3歳の孫は褒めてもらいたくてどんどん早く完成させて、私がやろうものなら「おじいちゃんそのパズルはこっち、それはあっち」と全部覚えていて私に指図をするのです。パズル遊びにおいて私は完全に3歳以下のランクなのです。

 先日関西汽船の浜田さんが来宅の折、関西汽船のフェリー客船のパズルを手土産に持ってきていたのを孫が見つけ、それをしようというのです。私にとっても孫にとってもこんなにピースのおおいパズルは初めてなので渋りましたが、結局孫の根に負けて応接室を片付け、板間に座ってで組み合わせる事にしました。

 この作業は気の遠くなるような作業です。孫に指示して同じような絵柄とおぼしきピースを何組かにより集めるのですが、孫もチンプンカンプンで、20分もすると「おじいちゃんもう疲れたから片付けよう」というのです。幼稚園や家庭での片付け癖がついているのでしょうが、私はそのままにするよう孫と妻に頼んで、今晩夕食でも終わったしようかと思っているところです。

 夕食が終わりました。現代の若者ならこんな作業は簡単にするのでしょうが、私たち頭の固くなった大人にこの作業は難解です。ああでもない、こうでもないと思いを廻らせるのですが一向にはかどりません。でも今まで使っていなかった脳を刺激するのか相当な疲れです。ということはボケ防止の特効薬になるかも知れないということです。妻にそのことを話すと「パズルぐらいでボケが直りますか」と軽くいなされました。そうかもしれませんが、少しだけ挑戦してみようと思って今晩は応接室に篭り、休憩の度にブログに書いているという始末です。

 最近脳の活性化に関する本が沢山出版されています。果たしてそんな本を読んで脳が活性化するかどうかは疑問です。でも使っていない脳を刺激することの意味は十分にあるはずですから、パズルの組み合わせに進んで挑戦したいものです

 わが家には、子どもが中学生の頃に作ったパズルの絵が4~5枚あって居間の壁に飾っています。今までそのパズル絵をまざまざと見たことは殆どありませんでした。孫とパズルをしながら、よくもあんな絵をよう組み合わせて作ったものだと感心しています。私の未完のパズル絵が完成しうるのはいつの頃でしょうか。孫との合作だけに今度孫が来る頃までには完成をさせ、孫を喜ばせてやりたいと、早くもおじいちゃん気取りではまっています。

  「パズルする 孫に指摘の 一枚を 入れて出来たと 孫に褒められ」

  「気が遠く なるよなパズル 組み合わせ 大脳刺激 ボケのリハビリ」

  「孫と俺 合作パズル 挑戦中 何時の事にか 出来る目安は」

  「刺激ない 日々の暮らしに 孫刺激 与えてバイバイ また会う日まで」

[ この記事をシェアする ]