shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年4月7日

○孫のもりで疲れました

 今日は孫の幼稚園の体験入園とかで、娘の実家であるわが家から、私が孫を幼稚園に連れてゆくことになりました。母親の仕事の都合でどうしてもみんな手が離せないらしく、カーナビに幼稚園の電話番号を打ち込んで指示道理のルートで予定の10時に幼稚園へたどり着きました。孫はこれまで娘が勤める病院の託児所的な保育園で2年間預かってもらっていましたが、年齢が三歳までなので卒園し、新しい市街地にある保育園に移る事になったのです。既に入園も許可され12日から通う事になってるのですが、その準備としての体験入園とかだそうです。入り口の門扉は世相を反映して中からしか開けれないようになっていて、予め連絡しておいたので、11時30分になったら向かいに来て欲しい旨の引継ぎで無罪放免になりました。

 時間が勿体ないので近くにある政策研究センターに新年度のごあいさつ方々立ち寄り時間が来たので迎えに行くと、年配の幼稚園の先生が「何処かでお会いしたですよね」とおっしゃりました。多分市の保育所や幼稚園の先生に講演したことがあるので」と答えたら、あの時の若松さんですか。その節は」と会話が通じました。「僕は00です」なんて自己紹介も出来たので、「しっかりしてますね」と美辞麗句のごあいさつを受け引き取り、午後1時の東京から雑誌社の取材を受けるため一旦わが家へ引き返しました。

 祖rからが大変です。食事は昼休みの妻が作って食べさせましたが、取材の二人が見えてからは孫同伴での取材と相成りました。やはりひとりっ子の寂しさでしょうかおじいちゃんの私にまとわりついて離れようとしないのです。結局はお客の対応で気付かなかったためオシッコを漏らしてしまいました。このところ大も小も漏らすことがなかっただけに、来客に緊張したのかもしれません。

 取材陣が帰った後着せ替えをして、一路松山へ、家を出るとチャイルドシートで夢の世界へと旅立ちました。結局約40分も車内で熟睡です。陽気に誘われて松山上へロープウェーで登り、そこからは二人で手をつなぎ歩いて城山の山頂まで行きましたが、お目当ては歩いたご褒美のソフトクリームで、300円のバニラをさもおいしそうに食べました。桜は満開で大勢の観光客が訪れ、中にはビニールのブルーシートを広げて陽気な花見をやっているグループもありました。早めにオシッコに連れて行きましたが、少し遠目の北の端まで歩いた所で今度はウンチです。慌てて背中におんぶしトイレへ汗だくだくで一目散。事なきを得ました。

オシッコとウンチは孫のもりにはつき物ですが、これには随分骨が折れました。ウンちをしてからははすっきりしたのかすこぶる元気で、「♪海は広いな大きいな♪」を大きな声で歌いながら桜満開の城山の道を手をつないで下山し、車を娘の家の駐車場に止めて孫のリクエストである椿の湯という道後温泉に入浴のため出かけました。温泉にはかなりの人が入浴していましたが孫の年齢の子どもは殆どなく、それから楽しい湯遊びをして約1時間過ごし、やっと孫の家へ入り、娘の帰りを積み木や飛行機遊びをしながら待ちました

 それにしても今日は何て長い一日だったことでしょう。孫もヘトヘトでしょうが、私もヘトヘトです。現金なもので父母が帰ると「おじいちゃん何時帰るの」ですって。でも帰り際握手をして分かれるときは、やはり少し寂しく感じました。また日曜日にやって来るそうです。孫のもりで翻弄されたこの一週間はやっと終わりを告げそうです

  「孫のもり 簡単楽勝 楽しみと 思っていたが ほとほと疲れる」

  「何事も なしに終わった 一週間 役目果たして ほっと一息」

  「満開の 桜バックに はいポーズ 指でサインも 慣れた手つきで」

  「オシッコと ウンチに気配り 城登山 お漏らしせずの 孫と湯船に」

 

[ この記事をシェアする ]