人間牧場

投稿者: | 2021年6月7日

〇卒業生会員名簿「玉洋」が届きました

 私は愛媛県立宇和島水産高等学校漁業科の卒業生です。20年前母校の漁業実習船「えひめ丸」がアメリカの潜水艦「グリーンビル」にハワイ沖で衝突し、水深500mの海底に沈み9人の尊い命が奪われましたが、沈んだ「えひめ丸」(500t)は4代目の船で、私は初代「愛媛丸」(214.5t)に乗ってオーストラリア近くの珊瑚海まで遠洋航海に出かけているのです。

届いた同窓会名簿「玉洋」

 私は昭和37年度卒業ですから、卒業してから早くも6年近くが経ちました。学校の性格からとりわけ漁業科は船乗りになった人が多く、他の高校のような同窓会や同級会に出かけたこともない、いたって不真面目な卒業生ですが、何度か学校から頼まれ生徒の前で卒業生としてお話をしたことがあり、加えて個人的な交遊もあって、何度も学校へ足を運んでいます。

先日大先輩で、愛媛丸沈没事故の慰霊のために奔走し、鎮魂歌「希望海」の作詞をした何かと懇意だった玉井恭介さんが突然亡くなり、水産高校漁業科との深い絆が切れかけた感じがしていましたが、注文していた卒業生会員名簿「玉洋」が届き、音信の途絶えていた同級生などのことが60年ぶりに分かり、早速音信を復活し始めました。60年ぶりの音信が楽しみです。

「水産高 漁業科卒業 懐かしい 名簿が届き ワクワクしながら」

「愛媛丸 遠洋航海 珊瑚海 マグロを追った 青春の日々」

「えひめ丸 米軍原潜 衝突し ハワイ沖にて 9人亡くなる」

「絆絶え 思い出のみと なっていた 名簿頼りに その後消息」

[ この記事をシェアする ]