shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年7月24日

○朝日新聞全国版に載る

 わが家は地方紙である愛媛新聞を購読しています。勤めていたころは職場で色々な新聞を読み比べることができていましたが、退職した今では地元紙一紙だけなのです。そんなこともあって、「○○新聞にあなたのことが載っていた」なんていわれ、慌ててその新聞を隣町のコンビニや駅のキオスクへ買いに行ったことが何度もありました。思い出すのは朝日新聞の天声人語に私のことが紹介された時でした。北海道の友人から早朝に電話で起こされました。「あなたのことが今朝の朝日新聞の天声人語に書かれている」というのです。新聞を作っている東京ならいざ知らず、はるか北の大地の足寄町からの電話だったものですから大きな驚きでした。早速単車を走らせて隣町の駅の売店へ出かけました。当時はコンビニもなかった時代ですから唯一駅の売店しか新聞は売っていなかったのです。でも早朝だったので売店は閉まったままで、結局朝日新聞の配達所を探し当て1部無理を言って分けてもらったのです。天声人語といえば知る人ぞ知る知名度抜群のコラムです。そこに紹介されたのですから反響は抜群で、知人友人から沢山の電話を頂いたことを覚えているのです。

 今回はかなり以前の4月10日に取材を受けていたものなのですっかり忘れていました。数日前朝日新聞の記者から採集問い合わせがあった時も、取材からの間隔が余りにも長かったためピンとこなかったのです。えひめ地域政策研究センターに出向している松本研究員から昨日メールが入りPDFファイルで新聞の切り抜きを送ってもらいました。

若松進一ブログ

(私が畳の上でデジカメ撮影したお粗末な写真)

 記事はニッポン人・脈・記、ふるさと元気通信?という紙面でした。「夕日は宝 地吹雪も宝」というタイトルで私と青森県津軽の地吹雪ツアーを企画した角田さんが紹介されていました。私の記事は夕日に出会ったころのいきさつが克明に描かれていました。もうひと昔前のことであり、「ああそんなことまあったなあ」と感慨深げに読ませてもらいました。昨日ビアホールに行った帰りに近くのコンビニで妻は、朝日新聞を一部買い求めてくれました。帰ってそれを畳に広げて写真に撮りました。後で気がついたのですが松本研究員からメールに添付して送ってもらっていたことをすっかり忘れてしまっていたのです。


 新聞の切り抜きは夕日やまちづくり、21世紀えひめニューフロンティアグループ、私の生き方などの分野で山ほどあって、段ボールの中に山ほど入れられて倉庫で眠っているのです。年齢やリタイアしたこともあってもうこれが最後といつも思っているのですが、断っても断っても新聞やテレビ、雑誌などの取材は相変わらず多いのです。まあ仕方がないかと諦めているのですが、早速2、3日うちに雑誌の取材がひとつ入っていて、対応に苦慮しているところです。

 早速昨日は知人友人から沢山の感想メールが寄せられました。近況がわかって嬉しい半面、またしっかりせねばと少し心のネジを巻き直しているところです。


  「新聞 買いにコンビニ 立ち寄って 一読汗顔 穴があったら」

  「もうこれが 最後といつも 思ってる 新聞テレビ 雑誌の取材」

  「新聞を 見たよ読んだよ メール来る 近況分り 近況知らす」

  「何故夕日 朝日新聞 ミスマッチ 思わず笑う これもお愛嬌」 

[ この記事をシェアする ]