shin-1さんの日記

○家庭菜園に野菜の苗を植え付けました

このところ温かかったのに、2日前の雨模様天気が回復してから急に寒くなり、わが家では名残の石油ストーブを焚いています。この時期は普通だと初夏の陽気に誘われるのでしょうが、北海道の天気予報には雪マークがつくなどどこかおかしく、しまいかけていた厚めの服を羽織って過ごしているのです。いつものことながら、初夏のような陽気の日本列島を僅か一日で寒くしてしまう自然の偉大な力には、人間の力などはるかに及ばないとしみじみ思うのです。

 今日は朝から親父と二人で家庭菜園の夏野菜の植え付けを行いました。親父は私が留守の昨日、91歳になるというのに、また脛が少々痛いというのに倉庫から耕運機を引っ張り出して耕してくれていました。私たち夫婦は昨日外出先から帰り道、行きつけの園芸店に立ち寄り、ナス10本、ピーマン5本、シシトウ5本、キウリ3本、ニガウリ3本、カボチャ2本、オクラ5本、その他諸々の苗を買って帰りました。畑は広いのでまだまだ余裕があるのですが、苗代で野菜を買ったらどのくらい買えるかなどと冗談を言うほど高い買い物となりました。

 私が平鍬で畝を作り几帳面な親父の張った糸に沿って植え付けて行くのです。特に親父の力が欲しいのはナスの垣づくりです。まだ植えたばかりなので垣など必要ではありませんが、夏に向けて頑丈な木の杭をハンマーで土の中に埋め込む作業は私の力でないとできないし、この垣に様々な工夫を凝らすのは親父の仕事であり、いわば親子合作の作業なのです。

若松進一ブログ
(親父は植えた苗の垣を作りました)

 1時間余りの作業で殆どの苗を植え終わりました。親父は植え付けた苗に井戸水をジョロに入れてたっぷり水やりをしたり牛糞を振ったり、またナスの下には敷き藁をして保湿するよう作業をしていました。私は相変わらずグウタラで、作業の途中もひっきりなしに携帯電話がかかってきて、その度に作業を中断し、結局は支柱を立てぬまま、訪ねてきた来客の対応に追われて午前中の作業を終わってしまったのです。

 午後からは裏山の竹を切りだし、支柱にするべく60センチ程度に切り、先をとがらさせてピーマンやトマトの根元に打ち込みました。ビニール紐で緩く結び風が吹いても倒れないようにしたのです。お陰さまで今年も夏から初秋にかけて安心安全な野菜が楽しめそうです。

若松進一ブログ

(私は植えた苗に支柱を立てました)

 作業が終わったところでキャリーに2箱ほど甘夏柑の収穫をしました。そろそろ晩柑類が底を尽きかけ、初夏の味覚である甘夏柑が美味しい季節となりました。わが家では樹上で越冬させた甘夏柑が沢山実をつけています。甘夏柑の木には今年の新芽と蜜柑の花が咲き始めて、同じ木なのに実・花・新芽と何とも奇妙な光景ですが、これからは夜の間に外皮内皮を剥いだ甘夏柑を冷蔵庫に入れて冷やして食べるのです。甘酸っぱいその味は何とも言えない涼感を誘うのです。

 一昨日近所の知人に差し上げたところ、早速マーマレードを作ったようで妻の職場にわざわざ手紙を添えて持ってきてくれました。わが家の甘夏柑無消毒のため皮を加工して食べることができるのです。丁寧に茹ではえて灰汁を取ったのでしょう、さっぱりとした味で明日の朝はパンにつけて食べたいと思っています。

 差し上げたり貰ったり、田舎はおすそ分けの習慣があっていい近所づきあいができていて毎日楽しい日々です。

  「親と子が 今年も元気に 夏野菜 苗を植えつつ 世間話を」

  「安心と 安全確保 するために 交付金にて 野菜苗買う」

  「甘夏も 工夫をすれば マーマレード これも安全 自衛の策だ」

  「差し上げた 甘夏柑が マーマレード 形を変えて おすそ分け来る」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。