shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年4月16日

○名医によってパソコンのガンが完治しました

 昨日の朝は憂鬱な幕開けでした。この2~3日パソコンの調子が悪かったのですが、何とかブログを書いて登録した途端、パソコンが固まったようにまったく動かなくなってしまったのです。頼まれた原稿のことも締め切りが近付いていて気になるし、途方に暮れたというのが偽らざる心境でした。半年前にもこんな状態になって、息子や娘婿を巻き込んで大騒動をした悪夢が頭をよぎりました。その時は娘婿の診立てで新しいパソコンに買い替えなければならないという故障寿命の決断が下されたのです。

 私のようなリタイアした人間にとって10万円以上の買い物は正直言って骨身に堪えます。そのことを妻に話すと、「仕方がないね。仕事にいるのだったら」と、体型と同じ「太っ腹」に感謝したものです。かくして娘婿に頼んでインターネットでパソコンを購入することになりました。私のような古い人間は、「パソコンは壊れないもの」「パソコンは高いもの」「パソコンは備品」という観念が強く、少し勇気がいりましたが、私の使いこなせる能力を見定めて13万円を妻の財布から出してもらい、東芝のノートパソコンDYNABOOKという、テレビでもよく宣伝している最新のパソコンを購入したのです。

 それまで使っていたのはWindowsXPでしたが、今度購入したのはWindowsVistaというソフト内蔵です。最初はソフトの変化に面食らっていましたが、使うほどに慣れ親しみ、今では何の違和感もなく使っているのです。私にとってパソコンは日々の暮らしにすっかり溶け込んでいて、昔のようなパソコンアレルギーも解消され、空気を吸う、食事をする、寝るといったことと同じように、起きれば書斎のパソコンに向かう、寝る前にはパソコンに向かうといった日常になっていました。したがってパソコンはスイッチを入れれば私の胃の向くままに動くものだと勘違いをしていました。

 パソコンが動かなくなると、まるで体の一部が壊れたような不安が体中を駆け巡りました。妻にその話をすると「えっ、また壊れたの?。息子か娘婿に診てもらったら」と、13万円出した半年前のことを思い出すように渋い顔をしました。私は妻に内緒の小遣い帳代わりに使っている貯金通帳の残高を見ながら、10万円余りの出費のことを考えていました。

 朝打ち合わせした午後1時半に娘婿が務めている大学の研究室を訪ねました。パソコンを丸ごと移動したのです。早速電源が入れられ診立てです。娘婿はパソコンをまるで魔術師のように動かし、動かなくなった原因がウイルスバスターであることを突き止めました。私のパソコンは娘婿がウイルスバスター処理をしているのですが、メールにくっついて別のウイルスバスターが侵入したらしく、その喧嘩が原因だというのです。色色いじくり0分ほどで元の状態に回復しました。私にとってはガン患者が名医によって治ったのと同じ感覚で、その手さばきをあっけにとられて見ていました。「これで大丈夫だと思いますが、また故障したらいつでも」と温かい言葉を貰って帰宅の途に着きました。

 ここだけの話ですが、貯金通帳を降ろさなくても済んだのでホッとしています。人間牧場へ釜戸小屋を作る計画のために必要な資金繰りが悪化すると懸念していただけにパソコンの復旧は私にとって大きなプラスとなりました。昨日帰ってからはパソコンを少し休ませようと、回線復旧の確認をしただけで電源を切って寝かせました。今朝はブログを書き始めると再起動の表示が出て、せっかく書き始めた文章が流れてしまいましたが、まあこのくらいは許せる範囲です。これからもこのパソコンを大切に使って行きたいと思っています。


  「動かない イライラ募る パソコンを いとも簡単 直すは名医」

  「ああ又か 通帳残を 見ながらも 出費覚悟す パソコン故障」

  「これからは 大事扱う 心決め その口の下 パソコン酷使」

  「今日だけは ゆっくり休め 電源を 切ってパソコン 机上置く」