shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年4月14日

○市議会議員選挙は激戦のようです

 「合併して早4年が経ったのか」と誰もが時の流れの速さを感じながら、合併して2度目の選挙戦が幕をあけました。市長選は対立候補がなく日曜日の告示日に早々と当選が決まり、市長さんの顔も見ぬままで、どこか拍子抜けした感じもあります。それでも市議会議員選挙は無投票かと思いきや立候補予定者がいて21人に対し22人が立候補し、にわかに少数激戦となりました。

 前日まで白い掲示板だった候補者ポスター掲示板には、22人の顔写真がずらりと並び、いずれも自分では最高の男前と言わんばかりにこちらを向いて何かを訴えているようです。写真と名前の横には、活力や元気などといった市政に対するメッセージが並んでいて、公約らしきものよりスローガンが目立っているようです。

若松進一ブログ(市議会議員立候補者の皆さん)
若松進一ブログ(早々と当選が決まった中村市長さん)

 選挙戦も2日目に入ったこの日は、選挙カーが目いっぱいボリュームを上げて市民に自分への投票を呼び掛けていました。

 伊予市では前回の選挙が合併前旧市町毎の小選挙区制だったため、今回から全市一区の選挙になりました。ゆえに中山や双海といった小さな町から立候補する人は慣れない選挙戦に少なからず翻弄されているようです。というのもこれまでは小選挙区だったため得票数が少なくてすみましたが、今度は千票近くを目指さないと当選が危ないのです。つまり自分の陣地を固めながら大票田といわれる旧伊予市へ食い込まないと当選はおぼつかないのです。

 伊予市が地盤の人も中山町が地盤の人も回数こそ少ないものの今回はあいさつ回りのような形で双海町へ街宣車を繰り出して、今まで以上に賑やかな選挙戦となっているのです。

 昨日は人間牧場で草刈りの仕事をしていましたが、人間牧場のすぐ近くまで街宣車は入っていました。その度に草刈り機を止めて候補者の名前を聞くのですが、「市議会議員に立候補した○○が立候補のご挨拶に参りました。○○です。清き一票をよろしくお願いします」とウグイス嬢の声が山々にこだまして、本物のウグイスも顔負けといったところでした。しかしあいさつに見えられても候補者自身の声は結局聞こえませんでした。

 昨日ある子どもがある親に言ったそうです。「○○という選挙に出る人はみんな男だのに何で女の人なの?嘘つきじゃん」と○○候補と名乗っているウグイス嬢が○○だと思っているような話でした。ドキリとしました。凄い洞察力です。立候補者はよくよく考え、当選したら言っていることを全て実行して、公約倒れにならぬよう頑張ってほしいと願っています。

 選挙に出る人の当選したいと思う深い悩みや血のにじむような努力を思うとき、そんな境遇に追い込まれない世界にいる自分を見てホッとするのです。


  「○○です ウグイス嬢が いうけれど あれはウソつき 鋭く指摘」

  「山いあの 道行く選挙の 声高く 本物ウグイス 少し戸惑い」

  「掲示板 みんないい顔 しています まるで俳優 顔より心」

  「今朝の雨 水入りのよう 顔濡らし それでも私 お願いいいたげ」