shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年4月8日

○何でこんなに忙しいのだろう

 妻いわく、「退職してやっと自由になったから、家にいるだろうと思っていたのに退職して4年間、前にもまして忙しく動き回って、家には殆どいない」と・・・・。そうです。自分でも不思議なくらいあれやこれやと藪用があって、毎日家を留守にしているのです。最近は妻も予定表に私の予定を書き込み、私も台所のカレンダーに一ヵ月分の予定を書くようにしているのです。そうすることで妻は安心するのですが、今朝もその予定表で今日一日の予定を説明してやりました。ちなみに最近は年度始めとあって新任の人たちが、新任あいさつに沢山見えられるのです。その殆どはアポを取って来るのですが、昨日などは何と7組も次々にあいさつに見えられ、本人も余りの多さにびっくりした次第です。

 今日は天気も良いし、明日の午後人間牧場で研修会がもたれれる予定なので、掃除がてら出かけました。「そうだ、今日は草を刈ろう」と急な思いつきで草刈りを始めました。先週水平線の家の周辺は草刈りを終えましたが、人間牧場への入口付近の道沿いが大草で見苦しいので、そこら辺を重点的に草刈りしました。マメ科の植物やハコベが春の暖かい日差しを浴びて勢いよく伸びていて、草刈り機のエンジンが鈍い音を立てて草を刈りながら進んで行くのです。

 草刈りは2時間ほどで終わりましたが、サツマイモの種を伏せているミニ温室のビニール越しに中を見ると、しばらく見ない間に雑草が芽の出た部分を隠すほど生えていました。倉庫から金づちとバールを持ち出して温室のビニール被覆を取り、畳2畳分のサツマイモの種を隠すほどに伸びている雑草を丁寧に引き抜きました。有に30分はかかったでしょうか、すっかりきれいになり、サツマイモの芽もこれで順調に伸びてくれるものと思われます温かくなって春が来たと言いながら朝晩は冷えるため、再びビニールで被覆し横の部分を少し開いて温度が高くならないよう窓をあけました。

 再び草刈りを続け、その後2時になったので食用にフキを採りました。今年もフキは豊作のようで、わが家の分と朝約束をしていた妹に渡す分をかなり多めに採りました。今年初のフキ採りです。茹でて皮を剥き、佃煮にするとこれがとびきり美味く、毎年お茶づけのお供にするのです。このフキは植えた訳でもないのにどんどん広がって、昨年はシーサイドのじゃこ天のおばさんたちや姉や妹におすそ分けして喜んでもらいました。今年もそうしたいと思っています。野も山も春まっ盛りとなりました。今が旬の山菜もその気になって見れば沢山あるのです。

 今日は夕方舞たうん100号の出版を祝う飲み会に誘われ、大いに気を吐きました。実は出版を祝うというのはカモフラージュで、むしろこれからの活動の在り方や自分自身の生き方を考える会でした。年輪塾と宮本常一を考える会の今後の在り方について真剣に話し、いい方向性が出せたように思うのです。浜田・豊田・清水・若松と、最後に小番頭の松本が加わり、焼鳥屋の夜はふけて行きました。


  「忙しい 言いつつ過密 スケジュール 慌てふためき 一日暮れる」

  「忙しい 人ほど暇を 作るもの 俺より上手 周りにいない」

  「理由つけ 結局最後 飲み会に 見え見えだけど 断りきれず」

  「草刈り機 間もなくダウン 寸前に 更なる出費 これはたまらん」

[ この記事をシェアする ]