shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年4月5日

○世界遺産を巡る旅から帰ってきました

 昨日と今日の二日間私たち13人の一行は世界遺産を巡る旅に出て、中国地方をマイクロバスで何と二日間に800キロも走ったのです。今夜は帰りが遅かったし長旅の疲れもあるので、加えてメールの受信数がやたらと多く、その処理が思いのほか時間がかかりそうなので、書き込みはこの程度にしてまた明日報告したいと思います。

 こう書いて昨日は旅の疲れか昨夜は久しぶりにぐっすり寝込んでしまいました。しかし世界遺産を訪ねる旅をルポしておかなければならないので、今朝から鈍くなった記憶を蘇らせて少しだけルポしておきたいと思います。

 世界遺産最初の旅は安芸の宮島でした。大野インターで下車し、交通標識に沿って走ると小雨煙る瀬戸内海が見えてきました。対岸の宮島は私にとって子どもの頃から見慣れた光景です。というのも私の生まれ育った下灘は漁村なので、新造船が進水しると必ずその年の夏には海の守り神である宮島さんか金毘羅さんへお参りに行く風習がありました。子ども心にこのお宮参りは、滅多に県外へなど出ない昔ゆえ憧れの出来事だったのです。大漁旗をなびかせて勇ましく走る新造船に乗せてもらってのお宮参りは憧れでした。親族郎党が打ち揃って神殿で神主さんに大漁や海の安全祈願をしてもらったりすることもさることながら、土産物屋さんに立ち寄って小銭を握りしめて買い物をしたり、船の中で子ども同士ではしゃいで過ごすひと時は至福でした。

若松進一ブログ

 桟橋付近の駐車場にマイクロバスを止め、そこからフェリーで宮島に渡るのです。わずか10分程度の船旅ですが、神の島であり世界遺産の島でもある宮島へ渡る間にどこか清新な心構えのようなものができるから不思議です。やがて進行方向に向かって右側に海の中に立つ宮島の象徴である朱色の大鳥居が見えてきました。干潮だと鳥居のすぐ傍まで行けますが、この日はあいにくの雨、しかも中潮なので近づくことができませんでした。

若松進一ブログ

 私たちの一行はまず昼時だったので昼食を済ませてからお参りしようという話になって、大勢の観光客でごった返しているため、できるだけ空いているお店へ入りましたが、これがまた富んだハプニングで、注文した名物のアナゴ丼が人数分揃わなく、やむなく5人はカキ丼に注文を変更しなければならないというお粗末さです。テポドン発射の話題もあってテレビをつけてほしいといえば写らなし、ティシュが欲しいといえばないというし、その後のバスの中での大笑いのネタになるほどの珍事でした。

若松進一ブログ

 神の島宮島はこの日あいにくの雨ながら、満開の桜に彩られたそれは美しい場所でした。特に朱色の神殿は周りの風景とマッチしてまるで夢の世界であり、平家物語の時代絵巻を見ているようでした。丘の上に立つ朱塗りの五重の塔も見事で、神仏混合の見事な配置です。
若松進一ブログ

 満潮時には海の上に浮かぶように建てられた神殿は長い長い廊下で結ばれていて、歩を進める度に替わる鳥居の姿が遠望できて、これまた素晴らしいの一言に尽きるのです。最近は国際色豊かになって、観光客の中には外国人の数も多く、「オーワンダフル、モアビウティフル」などを連発する言葉が何度も耳に聞こえました。
若松進一ブログ

 本殿の前の拝殿は潮が満ちてきても潮に浸からないよう一段高く出来ていて、そこから見る大鳥居もまた見応えがありました。幾度も災害に遭いながらかたくなに原形を保ち続けてきた日本の文化の凄さを垣間見ました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 本当はロープウェイで裏山にそびえる山頂まで登って春の瀬戸内海を満喫ししたかったのですが、残念ながら登っても眺望が効かないようなので諦めました。参道の沿道には土産物屋さんが軒を連ねていました。宮島といえばもみじ饅頭といわれるようにもみじ饅頭の店が圧倒的に多く、私たちも買うでもなく味見と称して出されている饅頭の切れ端を口ざとく賞味しながら冷やかし半分でぶらり観光客の群衆に紛れ込んで歩きました。

 知っていることもあってガイドさんを雇うこともなく散策しましたが、何処まで言っても千円という高速道路割引の影響でしょうか、岩国錦帯橋といい、安芸の宮島といい雨にもかかわらず予想以上の人手にびっくりしてしまいました。

若松進一ブログ(いやあ見事な桜でした)

  「土曜だと いうのに人の 数多く 群衆の中 ゆだねて歩く」

  「雨濡れつ 小鹿愛嬌 ふりまいて 餌をねだりに わが身寄りぬる」

  「遠近く 鳥居眺めつ 歩を進め 拝殿巡る 外人ともに」

  「雨濡れる 宮島もよし 受け入れて 桜の下で カメラ向けつつ」