shin-1さんの日記

○今日から世界遺産を巡る旅

 私が代表を務める21世紀えひめニューフロンティアグループでは、昨年から世界さんを巡る旅をスタートさせました。昨年は南紀熊野古道を巡る旅でしたが、参加した仲間は自分の足で歩く熊野古道にいたく感動して、今年の総会でも満場一致で決まったのです。

 今年は欲張って広島原爆ドームと安芸の宮島を今日見学して広島に一泊して明日は石見銀山見学を予定しているのです。今日は天気が下り坂だそうですが、「雨もまたよし旅に出る」てな感じで間もなく出発します。旅に出るためにはブログを2本キープしておかなければならないので、妻のセットした目覚まし時計は5時まもなくですが、私はいつも通り4時に起きて既に巻き寿司とお節句のことを一本書きました。

 中国地方には今回巡る3ヶ所の他に岡山県姫路城が世界遺産になっていますが、今回はルートから外れているため次回に回すのだそうです。私は今回行く3つの世界遺産は既に見ていますが、仲間と思い出を共有することに意味があるのです。

 

 昨年は私たちが訪ねた直ぐ後に中辺路の牛馬童子の首が何者かに壊され持ち去られたという痛ましい事件が起きてショックを受けましたが、日本人の心ない人のモラルも地に落ちたものだと、メールをやり取りしたことがつい昨日のことのように思い出されるのです。

 中国地方にはこのように4つも世界遺産があるのに何故か四国には一つもないのです。私たちの仲間が四国遍路道を世界遺産にしようと運動を起こしていて、暫定リストの候補に上ったものの足踏み状態になってることは残念ですが、たとえ世界遺産に登録されていなくても、世界遺産的な価値のある四国遍路道をしっかりと守り発展させてゆくことは、四国に住む者の責務だと思うのです。

 (時間が来ましたので出発します。この続きは明日の夜帰ってからにします。ごきげんよう。ここまでは自宅にて急ぎ足の部ログ書き込む)


 今日は朝5時30分に妻の運転する自家用車に乗って家を出ました。出掛けに散歩に出かける91歳の親父に出くわしました。「どこへ行くのか」尋ねたので、私は「中国地方へ行く」といったら親父は「遠いとこじゃのお」というのです。確かに島根県は遠いですが、親父はどうも「北京は上海のある中国と勘違いしていたのではないかと後で思いました。

 松山市駅で待ち合わせをして、メンバーの河野さん運転のレンタカー(マイクロバス)で出発しました。心配された雨がポツポツと落ちるあいにくの天気でしたが、海岸周りの196号線を今治まで走り、今治インターで今治組み4人を乗せさあ出発です。しまなみ海道をひた走りに走り、福山西から山陽自動車道に乗り、最初の目的地岩国錦帯橋を目指しました。錦帯橋は世界遺産にはなっていませんが、世界遺産を目指して活動していて、あちらこちらにその運動を示すのぼりが立っていました。

 私たちの今年の世界遺産をめぐる旅がいよいよスタートです。天気は春雨といったシトシト降りの雨模様でしたが、13人の同行者と楽しい旅がいよいよ始まりました。(ここまでは宿舎となったスーパーホテルのロビーにて書き込みました。まもなく22時19分です。)朝が早いのでもう休みます。お休みなさい。

  「どこへ行く 聞いた親父に 中国と 親父どうやら 中国違い」

  「欲張って 世界遺産を 三つ見る 旅は少々 きついようです」

  「雨もまた 良しと思えば 苦にならず 旅を楽しみ ながら談笑」

  「四国には 世界遺産の ひとつだに なきぞ悲しく 思うなりけり」 


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。