shin-1さんの日記

○長い旅を終えました

 愛媛~東京~新潟~東京~愛媛と4日間の長い旅を終えました。目的の集会は打ち合わせ時間を入れても僅か5時間程度なのに移動にこれほどの時間を使うのですから、狭いといいながら日本も広いものです。それでも考えようによってはその移動の時間が至福の時で、今朝は東京浜松町のホテルを早めに発ってモノレールで羽田まで行きました。

 一昨日高村さんからお土産に頂いたオカキ類を大事に持っての旅です。松山行きの全日空h午前9時25分発でした。羽田のゲートでは何人もの知人に出会い、搭乗手続きが始まるまで様々な話に花が咲きました。特に間もなくあるかも知れない衆議院議員選挙談議は情報が入り乱れ、こちらでいい顔の人があちらでは意外とぼろくそに言われてみたりごひいき筋がよく分かるような話で面白く聞かせてもらいました。

 早いものでもう来年は私の街も市長選やs議会議員選挙があるのです。水面下では早くも火花が散っているようで、何かにつけて日頃は縁遠いそれらの人が突如として集会の挨拶に来ていたり、面白い珍現象が見られます。また最近は冠婚葬祭への電報発信や、市内の至る所に事前運動ともとれる選挙を意識したお尋ね者用に似た顔写真ポスターが貼られ、「選挙近し」を感じさせてくれるのです。

 飛行機は、台風13号以来の不安定な天気のため大阪上空辺りからかなり揺れが激しく、着陸のため下降を始める頃には、気分が悪くなるほど大揺れでした。特に機内放送で落雷にあったと放送された衝撃はやばいと思うほど体に堪えました。私はかつて船乗りだったため、たいがいな衝撃は平気なはずですが、海の上はたとえ船が沈んでも泳いで助かるという安心感があるのですが、空は落ちたら終わりという不安感のため恐怖が付きまとうものなのです。

 それでも飛行機は小雨が降る松山空港へ予定より少し遅れて午前11時に到着しました。空港には妻が迎えに来ていて、空港のはずれに待機していた車で再開です。たった4日間ぶりなのに、妻でありながらどこか懐かしく

感じました。車に乗ると妻は堰を切ったように4日間の空白を話してくれました。台風13号は被害がなかったものの一人で不安だったこと、誰と誰が亡くなって香典を包んで届けたこと、今朝はどしゃ降りの雨が降ったこと、今日は雨なのに市民体育大会が開かれると放送があったこと、今日はお地蔵様の縁日でお接待の赤飯を炊いたので朝から忙しく振舞ったこと、などなどを話してくれました。

 松山市内道後に住む娘の所へ立ち寄りましたが、娘と孫はレインボーハイランドへ出かけて留守、留守番の娘婿と孫もどこかへ出かけて留守でした。仕方なく入口に品々を置いて帰りました。帰る途中妻と一緒に温泉に出かけ、旅の汗とを流し無精ひげを剃り落としましたが、やはり地元愛媛へ帰るとホッとするものです。

 帰りの車で妻は私に、旅の思い出w聞きたがりました。新潟など行ったこともない妻にとって、私の思い出話が楽しいのでしょう。お酒を飲まなくなって、新潟では少し寂しかったことも、越後湯沢の温泉がとびきり気に入ったことも、この3日間素敵な女性と一緒だったことを話して聞かせてやりました。長い旅は終わりました。

  「ある人(女)と 一緒の旅の 思い出を 話すも妻は 驚きもせず」

  「留守守る 妻のお陰で 旅できる 感謝の気持ち 言葉じゃちょっと」

  「あの人も この人も亡く 留守中に 妻の説明 佳境に入りて」

  「ふるさとの 訛懐かし 空港で 選挙談議に 花を咲かせる」  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。