shin-1さんの日記

○今日は台風一過よく晴れています。今日は大切なフォーラムに参加するためこれから出かけます。

 こう見出しだけをホテルのロビーに置いているインターネットに走り書きしてホテルを出ました。メールのやり取りは調査役の大関さんでしたが、この日私を迎え生にきていただいた方は佐藤次長さんでした。銀行の黒塗りの車に清水さんと乗り込み、午前中は南魚沼地方をご案内していただきました。

(越後湯沢は新幹線で来るとわずか1時間半余り、東京からも近く、バブル全盛時代に建てられたマンションが異様なほど林立していました)
(冬のスキーシーズンだけ開業するという珍しいガーラ湯沢駅)
(ガーラ湯沢駅から見返る越後湯沢の市街地)

 カメラで行った場所を少し追ってみます。①大源田キャニオンです。

(大源田の湖面)
(キャニオンにかかる釣り橋)
(キャニオンの入口)
(橋の下の湖面には無数の淡水魚が泳いでいました。餌付をしているため。橋上から餌をやると凄い量の魚が集まってきました)

②続いて鈴木牧之記念館を訪ねました。

(記念館の入り口、館内には代表作品北越雪譜など数多くの文筆作品が展示されていました。十返舎一九との親交も深かったようです)
(日本有数の豪雪地帯の様子がリアルに展示れていました)

③日本一の呼び声高い銘柄米魚沼産こしひかりの産地のJAを訪ねました。

(新米は10月1日から発売開始だそうです)

④富岡ホワイト美術館を訪問しました。

(富岡ホワイト美術館の入り口)
(新潟は花火で有名な場所がたくさんあり、作者富岡惣一郎の作風はホワイト絵の具、花火がキーワドのようで、とても新鮮でした)

(富岡ホワイトからの遠望は稲穂が黄色く色づきそれは見事でした。冬にはこの黄色が一面銀世界になるようです。遠望は八海山です)

⑤八海山神社を訪ねました。

(神社に通じる長い参道は古い杉並木が続いていました)
(八海山神社の本殿)
(赤滝という滝のすぐ傍に男根と女根の祀られた怪しげな場所があり顔を赤らめてお参りしました。

(鉄分を含んだ水が流れる赤滝)
(台風一過のさわやかな初秋の風が吹いて、道端に桔梗が印象的に咲いていました)

 いやあ、実に楽しい、そしてリフレッシュできた半日でした。

  「風人(かぜびと)と なりて越後路 訪ねけり 桔梗一輪 われ向き咲きて」

  「八海山 雲を従え そびえけり 間もなく白い 衣に着替え」

  「幾人が 参道踏んだ 杉並木 静寂保ち われを迎えん」

  「赤滝の 水に手を漬け 涼をとる しぶき頭に 時々かかり」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。