shin-1さんの日記

○コーヒーが苦手な私

 私は何故かコーヒーが苦手です。苦味のあるコーヒーが苦手なんて、苦み走った男でもない私がいうのはちょっと変な感じもしますが、子どものころ生まれて初めてコーヒーを口にした時、「こんな苦いものが飲めるか」と思った瞬間からコーヒーが苦手になったのです。以来私はコーヒーを口にすることもなく63歳の今日を迎えているのです。

 ところが、こともあろうかわが長男はコーヒー専門の喫茶店を営む家の長女といい仲となり、あっという間に有無を言う暇もなく結婚してしまったのですから世の中は面白いものなのです。私の妻はコーヒーが大好きで息子嫁の実家が経営する珈人(本当は人の前に王偏がついて「かじん」と読む)というお店に立ち寄り、コーヒーを飲んだり、コーヒー豆を買って帰って楽しんでいますが、私は中々その店に足が向かないのです。それでも義理もあるので時々立ち寄りますが、私がお定まりのカウンターに座れば、嫁のお父さんはブラックならぬホワイト(ホットミルク)を出してくれるのです。コーヒーのお店でホットミルクを飲むのも何となく気が引けるもので、未だに居心地が悪く、お尻の方がこそばいい感じがするのです。

 昨晩は次男が誕生日を迎えた妻のために御馳走をしてくれるというので松山へ出かけて行きました。昨晩は雨のため松山市へ入る道がかなり混雑して少し遅れ気味でした。次男は看護士として日赤松山病院に勤めていますが、昨晩は仕事が終わるのが午後7時と聞いていたので、三越付近で待ち合わせしました。しかし次男は一向に姿を見せず、自転車で姿を見せたのは7時半を回っていました。お腹の空き加減も上々で、息子が予約していたお寿司屋さんに入りました。最近は回転寿司に行くことが多く、こんな立派な寿司屋さんは久しぶりとあって、妻も嬉しそうでした。次男は「今日は給料日なので大船に乗ったと思って、好きな物を注文して食べて」と太っ腹なところを見せました。

 注文した寿司は極上な味で、久しぶりに美味しいお寿司をいただきました。妻が「今度はお父さんの誕生日だね」とかまをかけて次男に話すと、「お父さんの誕生日も今日まとめてとうことで」とうまくかわされたようでした。親子水入らずの酒も飲まない寿司パーティに、お店の方も気を使って食後にデザートをプレゼントしてくれました。

 店を出て駐車場から車を出して帰る道すがら「お父さん、子供を育てて良かったね」としんみり語りました。

 私の感想ですが、今朝の愛媛新聞朝刊の文化面川柳欄に花山昇さん(松山)が、「父の日は母の日ほどに騒がれず」と相通じると感心して読んだ次第です。

 帰る途中、口直しにコーヒーでもとどちらからともなく誘いあい、息子嫁の実家のコーヒー店に立ち寄りました。妻はここのコーヒーは強すぎて寝れないと「コーヒーゼリーを注文しました。私はお腹がいっぱいだったものですから、ブドウ100パーセントのジュースを注文し、成長著しい孫希心の話に花を咲かせました。

 家へ帰って風呂に入り、妻は早めに床につき、私は12時過ぎまで明日から新潟へ行くための準備をしたりブログを書いたりして遅れて床につきました。2時ころ妻はコーヒーゼリーのせいなのか目が冴えて寝れないというのです。私は眠ったばかりなので妻を無視して寝ましたが、私が4時過ぎに目を覚ますと、さすがに疲れている妻は深い眠りについていました。

 コーヒーが飲めない私と、コーヒーを飲むと寝れない妻はどうやら同じ穴の狢のようでした。昨日の夜買ってきたコーヒーは、先日翠小学校の運動会に参加した時お土産を貰ったお返しに、無類のコーヒー通である和田由美子校長先生に差し上げるつもりで、これから出かけようと思っています。

  「コーヒーも 飲めない私 変人か? 息子の嫁に 何と思わる」

  「苦いお茶 苦み走って いないから 苦み分からず 口することなし」

  「コーヒーの 入ったゼリー 食べただけ 目がさえ寝れず 妻は弱って」

  「これからも おそらく口に するでなく 人生続く 不思議な男」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

1 Comment

  1. Posted 2008年9月19日 at 2:39 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: ご両親想いな息子さんですね。 私も見習わなければ・・・(*^.^*)