hin-1さんの日記

○心に残る運動会

 大方の予想だと週末の今日は雨模様の天気予報でしたが、大型台風の行く手を高気圧の壁が覆っているようで、絶好の運動会日和となりました。先週は上灘中学校の運動会、今日は翠小学校と由並小学校の運動会と2週続けての運動会となりました。子どもも卒業し孫もまだ小学校にいないことから、運動会の見学は少々気が引けましたが、それでも上灘中学校と由並小学校の学校評議員をしているので、上灘中学校へ行ったこともあって由並へは行かなければならない義理があるのです。加えていつも何かと世話になっている翠小学校の運動会も見たくて、今日は小学校2校の運動会を梯子していまいました。

(由並小学校の広々とした運動会風景)
(子どもたちはみんな主役でした)

 9時過ぎにまず由並小学校へ出かけました。4人の子どもたちの母校なので違和感もなく入り、馴染みの人たちと会釈をしながら本部席まで行きました。案の定校門で「進ちゃん、誰の応援?」とか「孫の応援ですか?」と尋ねられましたが、「はいはい」と軽くいなして通り過ぎました。

 由並小学校は児童数100人そこそこの学校なので、応援も多く賑やかでしたが、それでも走るのは4人走が殆どでした。由並小学校では体の不自由な子どももしっかりと出番つくり、校長先生はじめみんなが温かい声援を送っていたのが印象的でした。

(翠小学校の木造校舎と万国旗は素敵でした
(トラックも外周も入退場門も杉の葉っぱで見事にディスプレイさえて、オンリーワンながら日本一でした)
(31人の子どもたちはみんなノビノビしていました)

 その後、宮栄公民館長さんと青木郵便局長さんに誘われ急な思いつきで、単車を走らせて翠小学校へ行きました。由並と比較すると三分の一の31人しかいない翠小学校はやはり狭い運動場も広く感じられましたが、入場門は子どもと先生とPTAの合作による恒例の杉の葉っぱを使って作られていました。またトラックも外周も杉の葉っぱが埋め込まれていて、日本のどこにもないここだけのオンリーワンがありました。校長先生にご無理をお願いして2階校長室の窓から写真を撮らせていただきましたが、実に見事な会場設営でした。子どもの数が少ない分をPTAや参観者がカバーしてアットホームな雰囲気が木造校舎の雰囲気とあいまって、いい運動会を見させていただきました。

 私がこれまで三年にわたって毎日ブログを書いていたパソコンがいよいよ寿命となり、原稿書きは既にこのパソコンになっていたのですが捨てきれず、延び延びになってましたが、思い切って今朝からこのパソコンに移動して書くことにしました。私のようなメカに疎い人間は本当は元の使い慣れたパソコンが一番なのですが、故障続きで息子や娘婿に迷惑をかけてしまうので、思いきって新調した次第です。今までのウインドウズXPに比べると進化しているはずのウインドウズVisutaは使い勝手が悪く、慣れるのに一苦労の感じがします。

 せっかく撮影したデジカメの写真も取り込むことができず、少し時間がかかりそうなおのです。「まあ仕方がないか」と自分に言い聞かせ、色々挑戦していますが、早く使いこなせるように努力したいと思っています。それでも新品だけのことはあって、立ち上がりは早いし、液晶画面のバックライトも明るくて、気分が楽になったような心境です。前機種はソニーでしたが、今回は東芝にしました。私のレベルを考えて娘婿がインターネットで購入してくれました。妻に無理を言って10万余りの出費をしてもらいましたが、年金暮らしの私ですので少々気が引けました。でもこれは私にとって大切な仕事道具えもあるのです。大事に使いたいと2本目の記事を書きながら思った次第です。

  追伸

  色々といじっていると、デジカメの写真が圧縮されブログに画像を取り込むことに成功しました。私も中々のものだと自己満足しています。

  「梯子する 小学校の 運動会 それぞれ個性 輝き増して」

  「不自由な 子どもも主役 隔てなく 思わず胸が ジーンと熱く」

  「杉の葉で 会場立派 オンリーワン 児童少ない 感じもせずに」

  「来年は 孫が入学 するものの 余所街ゆえに 少し寂しく」 


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。