shin-1さんの日記

○訪ねてきた宗教普及者

 最近二人または三人男女連れで、何の前触れもなくチャイムを鳴らして訪ねて来る人がいます。身なりもきちんとしていて穏やかな物言いはセールスマンでもなく、宗教であるのに宗教臭くなく、先日もついつい引き込まれて話しを聞いてしまいました。「先日お邪魔した時、ご主人さんは熱心に私たちの話しを聞いていただいたので、関心があると思いやって来ました」というのです。「関心がありというより、あなたたちが熱心に話すから聞いただけです」といいましたが、とにかく読んでくださいということで、「エホバの王国告げ知らせるものみの塔」と「目覚めよ温暖化・地球の危機」という2冊の薄っぺらい本をいただきました。一方で地球の危機を訴え、ものみの塔では、もうすぐ良い時代がやって来るというのです。結局最後は集会に参加してお話を聞きませんかと誘う宗教の話でした。

 お話は概ね次の5つでした。

 ①聖書は将来について予告しています。その約束を信じることができるのは何故か、4つの理由をかんがえてみましょう。

 ②親は、聞いても答えようとしないしない十代の子どもにどう話しかけたらよいでしょうか。

 ③子どもが感謝の気持ちを表せるようになるため、親はどんなことができるでしょう。

 ④イエスは同胞のユダヤ人に宣え伝えたとき、神の名前を用いたでしょうか。

 ⑤「若い悪魔たち」と呼ばれるメキシコの不良グループの一員だった人が、生き方を大きく変えたのは何故でしょう。

 その答えは「ものみの塔」という本に書いてあるので読んで欲しいというのです。

 ①や④はキリスト教徒でもない私には興味がないので読むつもりはありませんでしたが、教育など煮た携わった経験のある私は、②、③、⑤について、本をいただいた方が帰ってから読んで見ました。

 書かれていることの解決策は聖書を読むことから始め、聖書の導くままに行動すれば何ごとも上手くいくというのです。聖書の存在は知っていても聖書を呼んだことすらない私には、いささか戸惑いますが、この2冊のキリスト教の手引書は中々よく出来ていて、もしこれが宗教でなかったらかなりの部分で共感できたと思うのです。

 日本人の宗教に対する考えはかなりいい加減で、仏式で葬式したり、教会で結婚式を挙げたり、新年には神社へ初詣に出かけてお祈りします。しかし外国の人が教会へ日曜礼拝するようなことを、菩提寺ですることはありません。近頃は仏壇や神棚さえない家庭が増えているのです。春や秋の彼岸にお墓参りする先祖の供養も滞りがちのようです。「朝に礼拝夕べに感謝」という言葉も仏壇屋のコマーシャルだと思っている若い人もいるのです。

 日本の世の乱れは宗教心を家庭で教えないからだと指摘する人もいますが、それが全てではないにしても

ある部分はそう感じるのです。仏壇にご飯やお茶を供え、線香やお光を手向け両手を合わせて先祖へ感謝の気持ちを表すことは、有形無形子どもの教育にも役に立つのです。

 宗教の話になると胡散臭い話が多いため敬遠しがちですが、ちょっとした機会をとらえ立ち止まって自分の生き方を考えてみるのも悪くはないようです。

  「ピンポーンと チャイムが鳴って 出てみれば キリスト教の 勧めお話」

  「なるほどと 聞き入る姿 興味あり 勘違いして 次もまた来る」

  「予言など いうから神は 信じれぬ 科学万能 今時古い」

  「信じれば ホントに幸せ なれるのか 努力なしでは 不可能思う」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。