shin-1さんの日記

○いい時代は来ない・いい時代にする

 私の友人に多芸な人がいます。文章が書けて絵も書けるのですから、文章はともかく絵の下手な私としては何とも羨ましい限りです。その方から時々絵手紙が届きますが、その絵に添えて書いている文章が憎らしいほど上手い文章で、時には詩や短歌、替え歌など書かれた文字にハッとすることがあります。

 私もそうですが、相手に書いたハガキなどはいちいちどんなことを書いたか覚えているものではありません。多分彼もそのハガキのことなど忘れているのでしょうが、私はそのハガキを大切に木になるカバンに忍ばせて持ち歩いているのです。そのハガキは定形外と称する一回り大きなハガキで90円の切手が貼られています。判読しづらい消印は平成13・1・4の消印が押されていますのでもう7年も前のハガキです。私が書いた自著本「昇る夕日でまちづくり」を読まれた、司馬遼太郎作「龍馬がゆく」の編集者から手紙が届いた旨のことが書かれていました。「~前略~何ごとも押し進める人ありてこそ実現するんですね。理論も行動も一致しているところがすごい。233頁の・・・・見せられた・・・・」の誤植は残念。しかしいい本ができました。~後略~」と書かれています。

 表には私の名前と差出人の名前が書いた下に絵が書いてあり「いい時代は来ない。いい時代にする。動け動かせ21世紀」と墨字で書いていました。

 なるほどとうなずきながら、このハガキを講演の折どれ程の聴衆に見せながら読んで聞かせ、その考えを伝えたことでしょう。確かに今の時代は地域間格差、業種格差が広がり、合併後の閉塞感は目を覆うばかりです。多分バブル期のようないい時代は待っていても来ないのです。だとしたら自分が動いていい時代にするよう頑張らなければなりません。このハガキが届いて既に7年が経ちましたが、激しく揺れ動く時代の流れに翻弄されながら、私は自身を見失うことなく生きてきたつもりですし、それなりに目標を持って進化していると思うのですが、周りの人の中には相変わらず社会や政治が悪いとうそぶいて人にその責任を転嫁しているのです。

 昨日その友人から電話がかかってきました。彼が書いたコラム記事が誰かの文章に似ていると投書があったというのです。私も読みましたが別におかしい所はないように見受けられました。まあ著作権のうるさい時代ですから、知識人の読む人が見たらそうなのかも知れません。文章を書く場合引用先をきちんと書くのは常識でしょうが、小説や大切な文章ならいざ知らず取るに足らないほどの(失礼)コラムに目くじらを立てるのは如何なものかと、私自身は思いました。結局そのことが原因で連載のコラムから、責任と取るという形で降板されて決着がついたようです。

 私も時々本を引用しますが、その都度注意はしているものの、記憶で書くと無知がゆえに、著作権に抵触するのではないかと思われるすれすれまで近付いたことも過去にはあったようです。でも雑誌のエッセイなどは読み流し情報なので、これを引用したかどうかは書きづらいところがあるのです。

 新聞や雑誌に掲載された謝罪やお詫びのコメントを見る度に、世の中の難しさと、著作者の権利と、それを侵害されたと訴えられた人たちの水面下での心の葛藤を垣間見るのです。私は物書きではありませんが文章に人の名前を使う場合があります。厳密にはこれも個人情報ですから、いちいち相手に許可を得なければ仕えないのです。言葉で人の話しをしても余程のことがない限り叱られませんが、文章は文字として残るだけに責任の重さを感じて書かなければならないようです。

 降板した友人のことを思いながら、彼から7年も前に届いたハガキを読み返す今日この頃です。

  「この文は あれに似てると 指摘あり 責任降板 何もそこまで?」

  「著作権 立派な権利と 認めつつ 心得て書く 今日から俺も」

  「エッセイで 誹謗中傷 するでなく 表現似てる これも著作か」

  「いい時代 来ないがやる気 持ったなら いい時代にする 事ならできる」

  


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。