shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年9月10日

○私のブログ記念日

 私には私だけの様々な記念日があります。例えば(1944年)昭和19年10月3日は私の誕生日ですから最も大切な記念日で、これまで63回も記念日を迎え、間もなく64回目を迎えることになるのです。これ以外にも(1986年)昭和61年6月30日は下灘駅で夕焼けコンサートをやって大成功を収めた夕日記念日であったり、(1076年)昭和51年4月21日第10回総理府派遣青年の船の班長に選ばれて建国二百年のアメリカへ行くことが正式決定した、旅立ちの記念日であったりと様々です。

 そんな中で私のブログ記念日は(2005年)平成17年9月8日と定めています。この日私は初めてパソコンでブログを書きました。パソコンで検索すると2005年9月8日22:3:37と書いた時間まで正確に記録されているから驚きです。その時は娘婿や息子に勧められるままブログの意味も分らず、書いた文字を訂正するすべさえ分らぬまま書き始めたのです。しかし少しずつなれてくると文字の色を変えたりテーマを文章の頭に書いたり、また写真を取り込んで表現したりしながら、中々奥が深いことを感じました。私がブログを書き始めた頃、私の町でブログを読んでくれる人など殆どいませんでしたが、今は「犬も歩けばブログに当る」ように普及して、特に人気のある人のブログは凄くアクセスが多いようです。私のブログはそんな人とは比較にならないほど低いレベルなので、そんなにアクセスは多くないものの、時には千人を超えてアクセスがあってその意外性に驚くのです。

 ブログを書くようになってパソコンの前に座る時間が以前よりはるかに長くなりました。妻は健康への影響を心配していますが私はいたって平気で、今は朝起きて一本、夜寝る前に一本と書くことが毎日の日課になっているのです。

 「よくそんなに書くことがありますね」と時々人に聞かれますが、私のブログのネタは日常の暮らしの中で感じたことを書いているだけなので、汲んでも汲んでも枯れることはなく、むしろもっと書きたい心境ですが、読む側と書く側の理論をしっかりと弁え、適当な作品に仕上げなければいけないのです。

 最初は一年のつもりで書いたのに次の目標であるとりあえず3年までも手に入れました。一年で月毎まとめると12冊、3年で36冊もの日記風ブログ本が出来ました。それらはまとめて人間牧場の広くて大きい書棚の一角に置かれて、来客の暇潰しに読んで貰っているのです。「石の上にも三年」という言葉がありますが、まさにブログ三年の積み重ねは、私自身の生き方を文章を通して見直す大きなきっかけになりました。また毎日文章を書くことで文章を書くスピードが少しばかり早くなったことも大きな副産物となりました。さらにブログを呼んだ方たちとメールでの双方向交流に発展しています。

 私は凡人です。凡人ゆえにやることも凡事です。しかし毎日やることが凡事でも続けると非凡になると信じています。ハガキを毎日3枚書いていることや毎日海岸清掃を12年間やったことと同じことだと思っています。

 人間は得てして見果てぬ夢を見ます。私たちが子どもの頃そうであったように、時代こそ違え、夢こそ違うものの、現代の子どもがサッカー選手やアイドルになりたいという夢はまさに見果てぬ夢でしょう。しかし夢を勝ち得るためにどれ程血の滲むような努力が必要かは余り語られることはありません。ゆえに夢に破れ夢が叶わなかったのは社会や回りの責任だと思って人生を狂わせる人は沢山いるようです。親父やお袋の家業を継ぐという平凡なことでも、誇りを持って凡事を徹底すれば、非凡な人生が歩めるのです。

 毎日人より少しだけ早起きをして人の寝ている間に一本のブログを書き、毎日人より少しだけ夜更しをして人が床についている間に一本ブログを書く、何気ないことですが続ける価値はあったと3年間を振り返るし、これから続ける意味もあるだろうと心に決め4年目のスタートを切りました。

  「三年も 書きも書いたり パソコンで ブログ足跡 しみじみ思う」

  「さて俺の やること凡事 だとばかり 思っていたが 気がつきゃ非凡」

  「千人を 超えるアクセス どう見るか 期待されてる 独りよがりだ」

  「ペーパーに しないと不安 過ぎります 賞味期限の 過ぎたアナログ」 

shin-1さんの日記」への1件のフィードバック

  1. 浅野オサム

    SECRET: 0
    PASS:
    若松さん。
    ブログ愛好者の1人として、いつも読ませてもらっています。気づかされることが多かったり、元気づけられることが多かったり。
    続けることの難しさ。そのすごさ。
    先日は、はがきをありがとうございました。
    郷おこし「喜久家プロジェクト」を弟と一緒にがんばっていきます。

コメントは停止中です。