shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年9月2日

○サプリメントのお誘い

 「若松さんお元気ですか」「一度会いたいのですが、時間を割いてくれませんか」と、私の元へは相変わらず電話やメールが入ります。空いた時間の中にそうした出会いのスケジュールを入れるものですから、「お父さん、何でそんなに忙しいの?」と妻が言うほど毎日が忙しいのです。メールに返信を打ち、電話では快く出会うことを承知するのです。私は「私に会いたい」という人に、「何のご用件でしょうか」と事前に聞くことを余りしません。相手が「人間牧場の見学がしたい」とか、「かくかくしかじかで相談に乗ってもらいたい」とか目的がはっきりして訪れる人もいますが、要は私に会って顔を見たり話がしたい人もいるのですから、「何の御用でしょうか」とは中々いえないのです。

 昨日は上島町からはるばる友人のお兄さんがやって来ました。その方は友人を通じて私もよく知っている人なので、「じゃあシーサイド公園で午後1時にお会いしましょう」と約束していて、私のスケジュール表の隙間を埋めていました。妻と昼食を取った後出かけました。彼はこちらの土地勘が余りなく伊予市で迷い、双海町でもシーサイドの上寄りの駐車場に入ったらしく、やっとたどり着いたようでした。シーサイドの職員さんにお願いして事務所横の応接室を使わせてもらいました。

 名刺を交換して弟さんの近況や本人の近況を雑談交じりに聞いた後、さて本題という話しになりました。彼はセールスマンが持ってるような手提げのバックからパンフレットを取り出し、島人らしく朴訥ながら話しを始めました。どうやらサプリメントの話のようで、マニュアルに沿って色々な健康について話をしてくれました。多分どこかの研修会に参加してセールスの仕方を学んできたのでしょうが、何時になく流暢に話してくれました。一通り話した後試飲品を取り出し私に飲むよう勧めました。別に悪いものでもないし、彼が言うように3年半飲んで免許証の書き換えの時に眼鏡が要らなくなったという話は本当かと、少し疑いつつも粒状のサプリメントを5錠、酸素水という水と一緒に飲みました。彼は目がよくなったかどうか調べたいと、よく眼科にある視力を調べる表を取り出して壁に張り、私の視力検査までさせるのです。

 話はここからいよいよ佳境に入ってきました。このサプリメントの販売にはまるでねずみ講のような入り組んだ裏話がありました。つまり私が私の勧誘によって集めた人々で三角形のような組織を作ろうとするものなのです。確かに私には多くの友人がいて、その気になれば100人や200人は集まるかも知れません。またひょっとしたらこの組織でかなり儲けれるかもしれないのです。

 全国の名だたる人が三角形の頂点に立って儲けている話を聞きました。また四国はまだ未開拓の分野で、私のような人脈がある人ならば遅い取り組みでも、私の話術と行動力があればあっという間にスターダムにのし上がれるというのです。

 これまでにも同じような勧誘を何度も受けている私の心は動くはずもなく、次の人との約束もあって約1時間ほどで説明は終りました。彼は車に帰って説明用のDVDを持って来て私に渡し「また時々連絡します」といって帰って行きました。

 サプリメントは栄養補助食品ですから悪いものではありません。またサプリメントを愛飲したり、サプリメントを普及している人が悪いというのでもありません、しかしこのところ、ヒアルロンサン、コラーゲンなどさえいえば、あたかも体に効き目があるといわんばかりのセールスは如何なものかと疑いたくなるのです。加えてサプリメントで儲かる話がセットだと余計疑いたくなります。

 私の人脈はそのようなねずみ講まがいの商売には使いたくないと思いました。やがて彼からまた連絡が入るかも知れませんが、はてさて友人のお兄さんでもあるし、どのように断ろうか、心の痛む一日でした。

  「健康で 長生きしたい あの人は サプリメントを 愛飲過信」

  「儲かると いえば心が 動くもの 上手い話にゃ 必ず裏が」

  「健康と いえば心が 動くもの 人は誰でも 長生きしたい」

  「断るに 断りきれぬ 断りの 断り話 断り話す」 


[ この記事をシェアする ]