shin-1さんの日記

○使わない筆記用具

 わが家には机の上、電話台の上、居間のペン立てなど3ヶ所余りに何本かのボルーペンや鉛筆、マーカー、万年筆などが置かれてます。でもその殆どは使えるのに使わず、これからも使われることもないであろうに、千日持って一日の用をもなさぬまま無造作に放置されて、外観上は見苦しく見えるのです。私たちが子どもの頃は貧乏な時代でもあったので、鉛筆はおろかボールペンや万年筆は飛び切り上等な筆記用具でしたから、大事に使ったものでした。ところがボールペンやシャープペンシルが出回るようになると、それらの殆どが使い捨ての部類になって、今ではボールペンなど道端に転がっていても、だれも見向きもしないものになってしまったのです。

 ボールペンは便利なもので、インクが外にこぼれることもなく、また蓋をしなくても乾燥することもなく直ぐに書けるのです。普通ボールペンはインクがなくなるまで使うことは珍しく、途中で何処かへ無くしたり、インクが出なくなって別のものに変えるですが、このところ机の上で日常的に使っていた2本のボールペンがインク切れ、つまり最後の寿命まで使い切り、久しぶりに「やったー」って感じになりました。外から見えるインクゲージはまったくインクの色が見えませんでした。寿命が消えたボールペンは何処か可哀想で、捨てるのが惜しい感じがしましたが、再利用する当ても無く勿体ないと思いつつゴミ箱へ捨ててしまいました。

 今日は午前中2小グループ、午後小2グループを人間牧場に案内して夕方からはスケジュールが空いているので久しぶりに机の上の筆記用具とペン立ての中の掃除をしました。既に使えなくなったもの、紙にためし書きをしてインクの出の悪いものなどに分けて、要らなくなったものは金具を危険物にし、他のものはプラスチックゴミに分類しましたが、分類といいながら結局「勿体ない世代に育った私ですので、捨て切れずもとの鞘に納まっているのです。

 筆記用具の中に珍しい万年筆を見つけました。私がアメリカへ行った折買って帰ったパーカーの万年筆です。もう長い間使っていないため、使用不可能と思いきや、熱湯で中やペン先を洗って、机の引き出しにあったカートリッジインクを差し込むと、それは綺麗な文字が書けるのです。さして字が上手くない私ですが、弘法筆を選ばずではなく、弘法筆を選んでハガキを3通書いてみましたが、ボールペンにはない味のある文字が書けました。

 ペン立ての中には何本もの筆ペンがありました。多分香典返しで祝儀袋や不祝儀袋とともにいただいたものでしょうが、今月も幾つかの葬儀やお見舞いの度にこの筆ペンで名前を書いたに違いないのですが、毎日書くわけでもないので、どれも全て使えるようで、これも捨てることは出来ませんでした。

 最近この筆ペンが役に立つようになってきました。というのも私の自著本にサインをして送って欲しいというリクエストが何件かあるのです。先日は岡山県笠岡市で講演の後のサイン会があったし、長崎県諌早市の松本さんからは自著本にサインを入れて送って欲しいと20冊もの注文がありました。字の下手糞な私としては躊躇するか辞退するところですが、勇気を持って迷わず書きました。今頃はこの本を手にとって「何て下手糞な字なんだろう」と噂しているに違いないと思うのです。

 それでも筆記用具は随分整理整頓ができました。孫が来る度に使う鉛筆類は木のペンケースに入れました。これで迷わず必要な筆記用具が使えそうです。

  「使えるに 捨てなきゃならぬ ボールペン 役に立てたい 気持ちはあるに」

  「自著本に サイン頼まれ 書いてみる 今頃みんな 何じゃあこれわと」

  「最後まで 使いきったる ボールペン 捨てるの惜しい 勿体ないな」

  「役所辞め ペンなど要らぬと 思いきや 毎日ハガキ 三枚書くペン」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。