shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年1月27日

○香川県小豆島を訪ねる

 「小豆島子育てフォーラムinとのしょう」という研修かに招かれ、久しぶりに小豆島を訪ねました。サンポート高松の敷地内にある船着場から高速船に乗ること30分で島に到着します。小豆島といえば「岬と思えば島なり、島と思えば岬なり」と紹介された壺井栄の「二十四の瞳」で有名な島ですが、最近はそんな小説も時代とともに風化しつつあるようです。それでも二十四の瞳の映画村には年間かなりのオールドファンがやって来て、右肩下がりながら観光の目玉となっているようです。天下の名勝寒霞渓を中心にした観光や手延べそうめん・醤油・オリーブが島の主産業で、どこか地中海を思わせるような雰囲気の島なのです。

(小豆島国際ホテルのレストランから瀬戸内海を眺めましたが、遠くには瀬戸大橋が見えました)

 船で島に着くと土庄町の企画課長さんが港まで出迎えに来てくれていました。途中で町長さんを乗せ、昼食会場となっている小豆島国際ホテルへ向いました。この日は昨日までの寒さとはうって変わって絶好の天候に恵まれ、レストランへ差し込む昼の日差しは暑く感じられるほどでした。ホテルのレストランから窓越しに見える瀬戸内海の島々はとても長閑で、こんなゆったりした所で暮らせる人は幸せだとも思いました。レストランでは既にフォーラムのパネラーの皆さんがお集まりで、楽しいお話をしながら美味しい昼食をいただきました。

(ギネスに乗っている世界で一番細い海峡)

 食事が終わって会場となる中央公民館に町長さんとともに公用車で移動しましたが、ギネスブックに載っている世界一狭い海峡を見せてもらいました。役場の横には「巾の広い橋」と表現たら分るような立派な橋がかかっていて、町民の憩いの場所になっているようでした。興味をそそられたため公用車の窓から写真を撮らせていただきましたが、今度来る時は必ず見学したいものと、多少後ろ髪を惹かれる思いで会場へ行きました。

(フォーラムが始まる前の会場の様子)

 町長さんは県議会議員の経験が長く議長までされた方のようで、町長選では薄氷を踏む僅差で当選され、子育て支援や合併推進を公約に掲げているようで、今回のフォーラムもその一環として行われたようで、それなりの方々が集まっていました。

 私が地域活性化伝道師として、高松で開催された研修会に出席した際、私の話しを聞いた担当者が私へアプローチをかけ、講演が実現したのです。テーマは「子育てからまちづくり」というかなり難しいテーマだったので、全国の事例などを話そうと思ったのですが、参加者は一般町民が多く、そんな話をするとブーイングや居眠りされると大変と、家庭の変化やまちづくりのさわりをそれなりに話させてもらいました。

(小豆島を後にする)

 特急のアクセスが悪く、もし遅れると1時間も待たなければならないとあって、講演が終わると直ぐに課長さんが港へ送ってくれました。お陰様でサンポート高松周辺や玉藻公園を久しぶりに散策することが出来ました。


(高松城)

(玉藻公園)

 サンポート高松の中心は何といっても高松駅ですが、駅に降り立ち一際目を引くのは全日空ホテルの高層ビルです。白亜のビルは海と空の青に程よくマッチし、まるで別世界のようです。かつては宇高連絡船の発着港として四国の玄関口だった港周辺も、瀬戸大橋の開通などもあって少しずつ変化発展しているようです。

 帰りの特急いしづちは、これまで四国では見たことも乗ったこともないようなウッド調の列車でとても美しいもので松山までの2時間30分がとても快適でした。

(素敵なウッド調の特急いしづちの客車内部)

 小豆島には合併して出来た小豆島町という町があります。土庄町は合併しなかったため名前を奪われた格好でした。高知県に四万十市、四万十町、同じように島根県に隠岐島町というのがあるようですが、どこか錯覚したりするような名前が全国には随分多くなりました。特に小豆島町とは小豆島を代表するような地名だけに、合併しなかった土庄町の困惑も垣間見た気がしました。

 でも何度来ても小豆島は又来たいと思わせる不思議な魅力を持っています。今度必ずと心に誓いました。

  「二十四か 子どもの頃に 涙して 映画見たこと 思い出しつつ」

  「ギネス載る 海峡上に 橋がある 広さ別格 これもギネスか」

  「久しぶり 列車に乗って 高松へ うどん食いたし うどんも食えず」

  「小豆島 名付けた町は 別にある どこがどこだか 一向分らず」

[ この記事をシェアする ]